サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > 心臓ペースメーカーの手術を受けました。日常生活上の注意事項を教えてください。

更新日:平成30(2018)年9月21日

心臓ペースメーカーの手術を受けました。日常生活上の注意事項を教えてください。

質問

心臓ペースメーカーの手術を受けました。日常生活上の注意事項を教えてください。

回答

ペースメーカーが植込まれた方でも、ほかに病気がなければ日常生活はほぼ普通に過ごせます。ただし、ペースメーカーは電気や磁石に弱いため、いくらかの制限はあります。

低周波治療器は肩こりや腰痛などで使われていますが、体に直接電気を流すことから、ペースメーカーの誤動作等の原因となるので使用できません。携帯電話は、ペースメーカー本体から約30センチメートル離せば、大丈夫と言われています。左胸にペースメーカーが入っている人は右手で携帯電話を持つようにしたら良いと思います。ただし、アマチュア無線で使うトランシーバーのなかには出力が大きいものもあるので注意が必要です。

また、以前はペースメーカーを植込まれると、MRIという検査ができませんでしたが最近では、MRIが可能なペースメーカーも普及しています。ただし、検査は一定の基準を満たす医療機関のみに許可されています。



詳しくは、主治医またはお近くの医療機関に御相談ください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

*****このページは一般的な事例をまとめたものです。
こちらの問い合わせ先で個別の相談は受け付けておりません。*****

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?