サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 療育手帳を提示することで受けられる援助措置は、どのようなものがありますか。

更新日:平成29(2017)年5月10日

療育手帳を提示することで受けられる援助措置は、どのようなものがありますか。

質問

療育手帳を提示することで受けられる援助措置は、どのようなものがありますか。

回答

主なものは次のとおりですが、援助の内容・名称等の変更が行われたり、他の書類が必要な場合や所得等の制限がある場合もありますので、詳しくは、市町村の障害福祉担当課又は関係機関にお問い合わせください。
1)税金の控除・減免
障害程度により、所得税、住民税等の控除・減免が受けられます。
2)利子等の非課税
預貯金等の利子が限度額まで非課税となります。
3)NHK受信料の減免
最重度・重度の知的障害者のいる市町村民税非課税世帯が減免されます。
4)旅客鉄道株式会社等の旅客運賃、指定航空会社国内線の航空旅客運賃の割引
手帳に記載されている「第一種知的障害者」、「第二種知的障害者」の区分により、割引の対象区分・割引率等が異なります。
5)有料道路通行料金の割引
最重度・重度の知的障害者の移動のために介護者が運転するあらかじめ市町村で登録された乗用車の料金が割引されます。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害者福祉推進課障害者手帳審査班

電話番号:043-223-2307

ファックス番号:043-221-3977

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?