サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(福祉・子育て) > 介護保険でどのようなサービスが利用できますか。

更新日:平成29(2017)年11月13日

介護保険でどのようなサービスが利用できますか。

質問

介護保険でどのようなサービスが利用できますか。

回答

居宅サービスと介護予防サービス、施設サービス、地域密着型サービスと地域密着型介護予防サービスがあります。
居宅サービスは、自宅に住みながら介護を受ける要介護者を対象としたサービスで、訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護、居宅療養管理指導、特定施設入所者生活介護、福祉用具貸与、特定福祉用具販売があります。
介護予防サービスは、自宅に住みながら介護を受ける要支援者を対象としたサービスで、介護予防訪問介護、介護予防訪問入浴介護、介護予防訪問看護、介護予防訪問リハビリテーション、介護予防通所介護、介護予防通所リハビリテーション、介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護、介護予防居宅療養管理指導、介護予防特定施設入所者生活介護、居宅介護支援、介護予防福祉用具貸与、特定介護予防福祉用具販売があります。
施設サービスは施設に入所して介護を受けるサービスで、施設の種類により介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設(老人保健施設)、介護療養型医療施設(病院、診療所など)があります。
地域密着型サービスは要介護者を対象としたサービスで定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、複合型サービスがあります。原則として、その事業者指定を行った市町村の住民のみが利用できます。
地域密着型介護予防サービスは要支援者を対象としたサービスで介護予防認知症対応型通所介護、介護予防小規模多機能型居宅介護、介護予防認知症対応型共同生活介護があります。原則として、その事業者指定を行った市町村の住民のみが利用できます。
なお、平成27年4月1日から3年の間に、各市町村が「介護予防・日常生活支援総合事業」を開始することとなっており、これを開始した市町村では、上記サービスのうち「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」が、各市町村独自の「一号通所事業」「一号訪問事業」へと切り替わることとなっています。詳しくは、お住まいの市町村にお問い合わせください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課介護保険制度班

電話番号:043-223-2446

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?