ここから本文です。

ホーム > 千葉県新型コロナウイルス感染症対策連絡会議専門部会(第19回)の開催結果について

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年4月9日

ページ番号:431188

千葉県新型コロナウイルス感染症対策連絡会議専門部会(第19回)の開催結果について

発表日:令和3年4月7日
健康福祉部健康福祉政策課

千葉県では、今後の新型コロナウイルス感染症対策について検討するため、医療機関の関係者や、感染症の専門家などから御意見を伺っています。4月6日に開催した会議では、今後の医療提供体制の整備を進める上での御意見を伺いました。

 開催日時・場所

令和3年4月6日(火曜日) 午後6時から午後8時30分まで
千葉県庁 本庁舎5階特別会議室

主な内容(医療提供体制の課題について)

【現状・課題】

  • 患者の大幅増に備え、緊急的な患者対応を行う方針・体制及び新たな病床・宿泊療養施設計画を見直す必要がある。

【出席者からの意見】

  • 感染者急増時の緊急的な患者対応のために一般医療を抑制する場合には、どの診療科目を抑制すべきか各病院の判断に委ねてしまうと、各地域で同様の診療科が制約されてしまうと予想されるので、地域全体でバランスをとる必要があるのではないか。
  • 確保ができる病床数やホテルに限りがあることから、患者が大幅に増えた場合には、自宅療養者が増えていくと考えられるので、自宅療養者の支援方法を考える必要がある。
  • 病床確保の協力を得られていない病院に対しては、更なる要請が必要ではないか。
  • 病床数を増やすだけでなく、新規感染者が増えないよう県民への協力要請や改めての啓発が必要あるのではないか。重症化しやすい高齢者に対する啓発も必要。

【現状・課題】

  • 重傷者用病床の数を増やしていく必要がある。

【出席者からの意見】

  • 施設を整備するよりも医療従事者の体制を整えることが重要である。
  • 重症者を診療した病院への支援を手厚くすることも必要ではないか。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉政策課

電話番号:043-223-2675

ファックス番号:043-222-9023

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?