ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 建築・建設・不動産事業者の方へ > 建築関係 > 建築指導課が掲載しているページの一覧 > ルート2による確認申請等の構造計算適合性判定を不要とすることについて

更新日:平成30(2018)年5月16日

ルート2による確認申請等の構造計算適合性判定を不要とすることについて

 

平成27年5月15日

平成26年6月4日に公布された建築基準法の一部を改正する法律(平成26年法律第54号)により改正された建築基準法(以下「法」という。)第6条の3第1項ただし書又は第18条第4項ただし書の規定により、同法施行令第9条の3の確認審査が比較的容易にできる特定構造計算基準及び特定増改築構造計算基準(以下「ルート2」という。)による確認申請又は計画通知について、構造計算に関する高度の専門的知識及び技術を有する者として国土交通省令(以下「省令」という。)第3条の13第1項に定める要件を備える建築主事が審査を行う場合、構造計算適合性判定が不要となりました。
これに伴い、改正法が施行される平成27年6月1日以後、本県に申請されたルート2による確認申請又は計画通知について、省令第3条の13第1項に定める要件を備える当課の建築主事が審査を行うこととし、構造計算適合性判定を不要とします。

 

(参考)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建築指導課企画班

電話番号:043-223-3181

ファックス番号:043-225-0913

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?