ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 中小企業・産業振興政策 > アクアライン活用戦略 > 「東京湾アクアライン活用戦略-基本方針-」の策定について~アクアライン活用戦略本部の取組み(第3弾)~

更新日:平成28(2016)年7月29日

「東京湾アクアライン活用戦略-基本方針-」の策定について
~アクアライン活用戦略本部の取組み(第3弾)~

このたび、県では、東京湾アクアラインの通行料金引き下げを活用して、地域づくりに取り組んでいくための基本的な考え方を示した「東京湾アクアライン活用戦略-基本方針-」を策定しました。

今後は、この基本方針に基づき、市町村や民間事業者の方々とも連携して、埋もれていた千葉の宝をより一層磨き上げ、光り輝く千葉県づくりに戦略的に取り組んでいきます。

1基本的な考え方

通行料金の引き下げにより東京湾アクアラインの利用が増大し、交流人口の増加や立地優位性の向上などが期待されます。

これらの効果を最大限に活かして、市町村や関係団体等と連携して、圏央道の整備状況を見据えながら、観光の振興、かずさアカデミアパーク等の整備、企業立地の促進及び関連道路網の整備に重点的に取り組み、県内経済の活性化や地域の振興を図ります。

2施策の方向

観光の振興

観光インフラの整備や人材育成など観光客の受け入れ体制の整備を図るとともに、魅力ある観光地づくりを進め、年間を通じた滞在・宿泊型観光を推進します。

拠点地域の整備促進

かずさアカデミアパークの立地環境の整備を図るとともに、金田地区において、土地区画整理事業の推進を図ります。

圏央道沿線地域等への企業立地の促進及び地域産業の振興

企業誘致に戦略的に取り組むとともに、企業の立地環境の整備等を進めます。

アクアライン関連道路網の整備推進

圏央道、館山道などの整備を促進するとともに、これらを補完する地域高規格道路や国道・県道などの整備を進め、渋滞箇所の緩和など観光エリアへのアクセスを強化します。

3今後の取り組みについて

具体的な事業については、今後、総合計画等と整合を図りながら「行動計画」を策定します。

なお、観光地におけるトイレや駐車場、道路整備など早期に取り組む必要があるものについては、9月補正予算案に計上し、迅速に対応していきます。

東京湾アクアライン活用戦略-基本方針-

【全文】(12ページ)(PDF:405KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部経済政策課政策室 担当者名:アクアライン活用戦略チーム

電話番号:043-223-2703

ファックス番号:043-222-0447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?