ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 県のご案内 > 地域情報 > 地域振興事務所 > 山武地域振興事務所 > 山武地域の概要│山武地域振興事務所

更新日:令和2(2020)年1月7日

ページ番号:21076

山武地域の概要│山武地域振興事務所

山武地域は、東金市、山武市、大網白里市、九十九里町、芝山町、横芝光町の3市3町で構成されている。

房総半島中央部の東側に位置し、面積は約428キロ平方メートルで、県総面積の約8.3%に当たる。

東部は太平洋岸に弓なりの曲線を描き、日本有数の砂浜が美しい九十九里浜、中央部は平野、北西部から南西部にかけては緑豊かな田園地帯と山武杉で有名な丘陵地帯となっており、自然豊かな環境に恵まれている。

常住人口は、平成31年4月1日現在、約20万1千人で、県人口の約3.2%を占めている。

人口の推移をみると、地域全体では、平成18年5月の約22万3千人を境に、増加から減少傾向に入っている。平成22年度国勢調査において、大網白里町(現在は市)は50,113人と5万人を突破し、平成25年1月には県内37番目の市となったが、平成27年度国勢調査では、5万人を割り、いずれの市町でも人口が減少している。

少子高齢化も進んでおり、企業誘致による雇用の確保や新たな観光の掘り起こしなど、人口の減少抑制及び維持のための取組みが必要となっている。

美しい九十九里浜は地域の宝であり、夏季に数多く開設される海水浴場が賑わいを見せており、平成31年4月には本須賀海水浴場(山武市)が日本で3か所目、千葉県では初となる、ビーチの国際環境認証「ブルーフラッグ」を取得した。また、冬から春にかけては、いちご狩りなどを目的に多くの観光客がやって来る。

北西部には成田国際空港の一部がかかっており、格安航空会社の新規参入や国内線の増便、発着時間の延長による夜間飛行制限の緩和、第3滑走路の整備検討、発着回数の増加など新たな動きが活発化している。道路に関しては、平成25年4月27日に東京湾アクアラインとつながる首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の東金~木更津間42.9kmが整備され、県内で残る工事区間は、大栄~松尾横芝間18.5kmのみとなっている(令和6年度開通予定)。また、平成31年3月24日に大網白里スマートインターチェンジも開通したことから、羽田空港や東京方面からの利便性が向上し、観光や産業などの分野におけるますますの発展が期待されている。

これらの観光資源や地理的な特色を活用することにより、観光や産業などの分野において、今後の発展、地域振興が期待されている。

お問い合わせ

所属課室:総務部山武地域振興事務所地域振興課企画係

電話番号:0475-54-0222

ファックス番号:0475-55-6279

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?