ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 河川 > 流域懇談会 > 利根川香取・銚子圏域流域懇談会

更新日:平成30(2018)年5月25日

利根川香取・銚子圏域流域懇談会

ノート圏域の概要

香取・銚子圏域は、県の北東部に位置し、成田市、香取市、旭市、銚子市および神崎町、東庄町の4市2町から構成される利根川水系の流域です。圏域市町の総面積は544.83平方キロメートルで県全体の約11%を占め、平成13年の人口は約238,000人で県全体の約4%を占めています。

圏域の地形は、標高40~50メートルの下総台地と、標高1~4メートルの沖積平野に大別され、台地は主に畑と山林、低地は主に水田という土地利用ですが、利根川沿川を通るJR成田線沿線には市街地が広がっています。

圏域内の低地は、約1万年程度前の縄文時代には太平洋の浅海であり、当時の生活の痕跡が貝塚として各所に残っています。また、江戸と結ばれた舟運で栄えた香取市の小野川周辺は、国指定重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、この中には伊能忠敬の旧宅などがあります。

県管理の河川としては、大須賀川、小野川、黒部川、与田浦川、高田川、清水川の6河川とその支川10河川があり、流域面積の合計は約283平方キロメートル、総延長は約80キロメートルです。

開催状況

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部河川整備課企画班

電話番号:043-223-3172

ファックス番号:043-227-0259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?