• 組織としごと
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Languages
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒色
黒地に黄色

ホーム > 環境・県土づくり > 県土づくり > 災害に強い県土づくり > 河川 > 流域懇談会 > 手賀沼・印旛沼・根木名川圏域 流域懇談会

ここから本文です。

 

更新日:平成25(2013)年5月23日

手賀沼・印旛沼・根木名川圏域 流域懇談会

圏域内の流域を地域や河川の特徴を踏まえ分類すると、手賀沼圏域、印旛沼圏域、根木名川圏域の3つの圏域に分けることができ、各圏域の特徴は下記のとおりです。

 

手賀沼圏域

圏域の中では北西側に位置し、流域面積は162.9K平方メートルです。主な河川には大堀川、大津川、亀成川などがあり、手賀沼に流入した後、手賀川を経て利根川に合流しています。

昭和40年代頃から流域の開発が急速に進み、下水道や河川改修などの社会基盤整備の遅れから、水害の発生や沼の水質が悪化し全国の湖沼で平成12年度まで27年連続でワースト1位となっているなど、さらなる社会基盤の整備が望まれています。

印旛沼圏域

圏域のほぼ中央に位置し、流域面積は541.1K平方メートルと千葉県全面積のおよそ一割を占めています。主な河川には、鹿島川、高崎川、神崎川、桑納川、印旛放水路などがあり、印旛沼に流入した後、長門川を経て利根川に合流しています。

近年、通勤圏の拡大に伴い市街化が進行しており、河川改修が進められていますが、その整備水準は未だに低く治水安全度の確保が急務となっています。また、本県の農水・上水・工水の重要な「水ガメ」として、沼の環境・水質の保全も強く要望されています。

根木名川圏域

圏域の東側に位置し、流域面積は141.5K平方メートルです。主な河川には根木名川、取香川、荒海川、十日川、尾羽根川などがあります。

圏域の下流部の土地利用は長沼干拓により造成された水田が広がり、また、根木名川の東側では輪中堤が形成されています。上流では新東京国際空港や成田ニュータウンが建設され、今後も流域内の開発が予想されており、さらなる社会基盤整備が要望されています。

手賀沼写真

根木名川写真

開催状況を御覧になりたい懇談会をクリックしてください。

このページの懇談会に関するお問い合わせはこちらまで

千葉県県土整備部河川整備課企画調整室(電話:043-223-3172)

メールでのお問い合わせはこちら(河川整備課)

流域懇談会のページへ 

よくある質問

このページに関するお問い合わせ

所属課室:県土整備部河川整備課企画班

電話:043-223-3172

ファクス:043-227-0259

ページの先頭へ戻る

最近閲覧したページ

機能の説明