サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年9月15日

栗山川流域懇談会

概要

栗山川はサケの遡る南限の川として知られ、その源を佐原市権言前地先の下総台地に発し、途中、支川栗山川、借当川、多古橋川、高谷川を合流し、太平洋に注ぐ流域面積が県下第2位の284.5k平方メートル、流路延長38.8kmの九十九里河川の中では最大の河川である。

流域の市町村は、成田市、旭市、匝瑳市、香取市、山武市、多古町、芝山町、横芝光町の5市3町より構成されている。

栗山川では、現河道の流下能力不足に起因する浸水被害が頻発しており、支川の高谷川上流部流域では隣空工業団地及び住宅団地等、成田空港関連の諸事業の進展が著しく、さらなる流域からの流出増が予想されている。

また、河道は利根川からの疎水路として、農業用水(両総用水)や都市用水(房総道水路)動脈として利水上も重大な役割を担っており、流域の人々の生活に多大な影響を持つ河川である。

さらに栗山川は、平成9年7月に河口から支川の高谷川合流点までの11kmが、「ふるさとの川整備事業」に認定され、事業が進められている。

栗山川下流部屋形橋写真

栗山川下流部写真

 

開催状況(御覧になりたい流域懇談会をクリックしてください。)

このページの懇談会に関するお問い合わせはこちらまで

千葉県県土整備部河川整備課企画班電話:043-223-3172
千葉県山武土木事務所調整課電話:0475-54-1134

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部河川整備課企画班

電話番号:043-223-3172

ファックス番号:043-227-0259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?