サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 河川 > 河川敷地占用許可準則に基づく都市・地域再生等利用区域の指定

更新日:平成30(2018)年9月25日

河川敷地占用許可準則に基づく都市・地域再生等利用区域の指定

河川敷地占用許可準則(平成11年8月5日付け建設省河政発第67号事務次官通達)第二十二第1項の規定に基づき、都市・地域再生等利用区域を指定しました。

一級河川利根川水系新坂川(松戸市新松戸)

都市・地域再生利用区域(新坂川)位置図

都市・地域再生等利用区域

指定範囲

一級河川利根川水系新坂川の河川区域で、別図に示す区域

区域図(PDF:844KB)

指定年月日

平成29年10月23日

都市・地域再生等占用方針

都市・地域再生等利用区域において占用許可を受けることができる施設

  • 河川敷デッキ及び川床
  • 遊歩道
  • 広場
  • イベント施設
  • 上記と一体をなす飲食店、売店、オープンカフェ、広告板、照明・音響施設、案内所、給排水電気施設
  • その他都市及び地域の再生等のために利用する施設

許可方針

  • 河川管理者が付した許可条件を遵守すること。
  • 占用の許可を受けることができる施設及びその周辺においては、良好な水辺空間を確保するため清潔の保持及び周辺への騒音の抑制等の環境の保全に努めること。
  • 占用の許可期間中に周辺住民及び河川利用者等から占用の許可を受けた施設等に関する苦情があった場合については、都市・地域再生等占用主体が解決に努めること。
  • 降雨・水位、風、地震等の情報を常に把握し、危険の恐れがある場合は使用を中止すること。また、占用施設の利用者の避難が円滑に行われるための措置を講ずること。
  • 施設使用者に占用施設の使用をさせる場合には、使用契約を締結し、当該施設使用者を適切に指導監督すること。
  • 施設使用者に占用施設の使用をさせることにより施設利用料を得る場合には、その収入を当該占用許可を受けている河川敷地における施設の維持管理及び良好な水辺空間の保全、創出を図るための費用に充てること。
  • 施設利用料の徴収及び活用状況を、河川管理者に対して、年1回以上の河川管理者が定める回数、報告すること。

都市・地域再生等占用主体

準則第二十二第4項第1号に掲げる者

河川敷地の占用許可

河川敷地の占用許可については、地域を管轄する土木事務所が担当しています。

新坂川(松戸市)については、

東葛飾土木事務所管理課047-364-5138

にお問い合わせください

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部河川環境課河川海岸管理室

電話番号:043-223-3132

ファックス番号:043-221-1950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?