サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 子育て支援 > 里親・児童福祉施設 > 小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)について

更新日:平成29(2017)年10月3日

小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)について

1  小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)とは

「ファミリーホーム」とは、家庭で暮らせない子どもたちを養育者の家庭に迎え入れて養育する「家庭養護」です。事業となっていますが、あくまで養育者の家庭に5~6人の子どもを預かり、子ども同士の相互交流を通じて基本的な生活習慣を身につけ、豊かな人間性及び社会性を養うことを目的としています。

2  ファミリーホーム事業者について

事業者は以下の場合があります。

  • 里親として委託児童の養育経験がある方、または児童養護施設等の職員の経験がある方が養育者となり、自らの住居をファミリーホームとし、自ら事業者となるもの。
  • 児童養護施設等を設置する法人が、その雇用する職員を養育者とし、当該法人が当該職員に提供する住居をファミリーホームとし、当該法人が事業者となるもの。

3  養育者の要件について

以下の条件のいずれかを満たす必要があります。

  • 養育里親として2年以上、同時に2人以上の委託児童の養育経験を有する者
  • 養育里親として5年以上登録し、かつ、通算して5人以上の委託児童の養育経験を有する者
  • 児童養護施設等において児童の養育に3年以上従事した者
  • 上記に準ずる者として、知事が適当と認めた者

4  職員について

ファミリーホームには、2人の養育者(原則、夫婦である者)及び1人以上の補助者が必要です。なお、委託児童の養育に適した家庭環境が確保される場合には、1人の養育者及び2人以上の補助者でも可能です。

5  定員について

委託児童の定員は、5人又は6人。

6  ファミリーホームの設備等

委託児童、養育者及びその家族が、健康で安全な日常生活を営むことができる設備であることが求められます。住居は持家に限らず、賃貸物件でも可能ですが、事前に賃貸人の承諾を得ていただく必要があります。

関係法令

 

まずは児童家庭課虐待防止対策室まで御相談ください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童家庭課虐待防止対策室

電話番号:043-223-2357

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?