ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月10日

マタニティマークについて

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないこともあり、「電車で席に座れない」「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。
国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。また、交通機関、職場、飲食店等が、呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。

マタニティマーク(妊産婦さんのマークです)

マタニティマークをつけている妊婦さんに気付いたら

マタニティマークをつけている妊婦さんに気付いたら、次のような配慮をお願いします。

皆様の思いやりのある心遣いと優しい言葉がけによって、妊婦さんも励まされます。

近くでタバコを吸うのは御遠慮ください

特に妊娠初期はつわりによって気分が悪い妊婦さんも多く、その時期はにおいに敏感な方も多いので、タバコの煙やにおいがつらい方もいらっしゃいます。

また、タバコはお腹の中の赤ちゃんにも影響があります。妊婦さんが受動喫煙にさらされると、流産や早産の危険性が高くなることや、新生児の低体重化がおこることなどが報告されています。

電車、バス、病院などでは座席を譲ってあげてください

一見、健康そうに見える妊婦さんでも、実は「つわりがつらい」「お腹が張って痛い」「足がむくんで痛い」など、いろいろな症状に悩んでいる方もいらっしゃいます。

このような状態で、長時間立ちっぱなしで過ごすのはつらいものです。一声掛けて、席を譲ってあげたり、乗り降りの際に押されないように配慮をしてください。

重そうな荷物を持っていたら、手伝ってあげてください

重い荷物を持つと、腹圧がかかり、お腹に負担がかかります。妊婦さんにもよりますが、重い物を持つと、お腹が張ってしまうこともあります。

妊婦さんが重そうな荷物を持っていてつらそうであれば、手伝ってあげてください。

マタニティマークに関する取組み

首都圏の鉄道会社で

首都圏の鉄道会社20社では、平成18年8月1日より、妊産婦さんへマタニティマークを配布しています。

首都圏の鉄道事業者20社局によるマタニティマークの配布等について(厚生労働省のホームページ)外部サイトへのリンク

企業・職場・お店の方へ

マタニティマークを知っていただくためのリーフレットやポスターがあります。職場やお店などで、妊産婦さんにやさしい環境づくりのために、ご活用ください。

マタニティマークポスターについて(厚生労働省のホームページ)外部サイトへのリンク

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童家庭課母子保健班

電話番号:043-223-2329

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?