サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年5月16日

母子父子寡婦福祉資金貸付関係書類の誤発送について

発表日:平成30年5月15日

健康福祉部児童家庭課

松戸健康福祉センターにおいて、母子父子寡婦福祉資金貸付に係る通知書等関係書類を借受人1名へ発送したところ、誤って、別の借受人1名の貸付台帳の写しが同封されていたことが判明いたしました。

このような事態を招き、関係者に多大な御迷惑をおかけするとともに、県民の信頼を損なうことになったことを深くお詫び申し上げます。

今後このようなことが二度と起こらないよう、再発防止に努めてまいります。

1 誤発送した書類

「福祉資金貸付台帳(名簿)」の写し1名分2枚(参考様式(PDF:86KB)

※母子父子寡婦福祉資金貸付とは
 児童(20歳未満)を扶養している母子家庭や父子家庭、寡婦の方の経済的自立を応援するための貸付制度(修学資金、就学支度資金等12種類)

2 判明までの経緯

  • 平成30年5月2日
    松戸健康福祉センターから貸付金に係る通知書等関係書類を借受人1名(以下、甲氏)へ発送。
  • 平成30年5月8日
    甲氏から別の借受人1名(以下、乙氏)の台帳の写し2枚が同封されている旨連絡があり、誤発送の事実が判明。

3 原因

  • (1)甲氏と乙氏に係る別々の作業について、一つの作業を完結させずに、次の作業を行ったこと
  • (2)データの確認用に出力した台帳の写しを処分しなかったこと
  • (3)書類の封入にあたり複数人によるチェックを怠ったこと

【誤発送に至った事務処理内容】

当者が、乙氏の貸付登録情報を確認するため、乙氏の台帳の写しを出力した。

報確認後、用済みの台帳の写しを処分せず机上に置いたままで、甲氏宛の通知書等発送事務を行ったところ、乙氏の台帳の写し2枚が紛れていたにもかかわらず、気付かずに発送してしまった。

4 これまでの対応

  • 平成30年5月9日
    甲氏へ誤って発送した台帳の写し2枚を回収及び謝罪。併せて個人情報の漏えい防止について協力を依頼。
  • 平成30年5月12日
    乙氏と直接面会し、経緯の詳細説明と謝罪。

5 再発防止に向けて

  • (1)業務は1件ごとに完結させ、他案件の資料を同時に机上に置かないよう徹底する。
  • (2)個人情報の記載された書類は出力を極力抑制するとともに、出力が必要な場合には、チェックシートを作成して管理を行うよう徹底する。
  • (3)文書の封入にあたっては、内容の確認を複数の職員により行うよう改めて徹底する。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童家庭課ひとり親家庭班

電話番号:043-223-2320

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?