サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 保健医療政策 > 有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業補助金について

更新日:平成29(2017)年7月14日

有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業補助金について

補助制度の概要

(1)補助対象事業

以下の表の設備について、新規に設置するものに限ります。既存の設備の更新は対象となりません。

整備内容

対象施設(対象面積)

基準額

対象経費

スプリンクラー(パッケージ型自動消火設備及び消防法施行令(昭和36年政令第37号)第32条の規定によりスプリンクラー設備の代替設備として認められた設備を含む)

病院(3,000平方メートル未満)

有床診療所・有床歯科診療所・有床助産所(6,000平方メートル未満)

※複数の棟がある場合には、棟ごとの対象面積

対象面積1平方メートル当たり

17.5千円

(対象面積:スプリンクラーを設置する部分及びスプリンクラーに代えて補助散水詮を併せて工事する部分の面積)

スプリンクラー(パッケージ型自動消火設備を含む)整備のために必要な工事費又は工事請負費

自動火災報知設備

300平方メートル未満の施設

1か所当たり(1施設当たり、棟ごとではありません)

1,030千円

自動火災報知設備整備のために必要な工事費又は工事請負費

火災通報装置

(消防機関へ通報する設備)

500平方メートル未満の施設

1か所当たり(1施設当たり、棟ごとではありません)

310千円

(非常通報装置としての機能を併せ持つものを整備する場合は68千円を加算する)

火災通報装置整備のために必要な工事費又は工事請負費

※補助額は、基準額に対象面積を乗じて得た額と、対象経費の実支出額を比較して少ない方の額となります。

※通常のスプリンクラーに代わって水道連結型スプリンクラーを設置することが認められている施設については、水道連結型スプリンクラーでも補助対象となります。

(2)提出書類

事業計画書(表紙、様式2)

スプリンクラー等施設整備事業計画書(エクセル:115KB)

整備図面(スプリンクラーの設置部分を色付けし、対象面積を記載)

見積書(複数の棟でスプリンクラーを整備する場合には、棟ごとに作成)

※可能な限り2社以上から見積書を入手してください。千葉県へ提出する際は1社分のみお送りください。

(3)提出部数

事業計画書は1部を郵送、電子メールでも1部提出

整備図面、見積書は各2部を郵送(コピー可、図面は可能な限りA4またはA3サイズでお願いします)

(4)提出期限

平成29年8月3日(木曜日)

(5)提出先

〒260-8667千葉県中央区市場町1-1

千葉県健康福祉部医療整備課医療体制整備室

E-mail:ryosei2@mz.pref.chiba.lg.jp

(6)留意事項

補助金の交付を受けるには、県からの内示後に契約・着工することが条件となります。

当補助事業により整備した財産については、財産処分制限期間(消化設備は8年)が経過する前に処分(譲渡、転用、取り壊し等)した場合は補助金の返還が必要となる場合があります。

各施設からの要望額が国の予算額を超過した場合、不採択となることがあります。

補助要綱

有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業実施要綱(PDF:50KB)

医療施設等施設整備費補助金交付要綱(PDF:193KB)(有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業等)

関連ウェブサイト

総務省消防庁(平成26年10月16日消防法施行令の一部を改正する政令等の公布)外部サイトへのリンク

補助金の手続等に関するQ&A(平成26年10月16日時点)

Q&A集(PDF:142KB)

問1~36は、厚生労働省が都道府県向けに作成したものであり、有床診療所等には直接関係ないものいが含まれていますので、御了承ください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療整備課医療体制整備室

電話番号:043-223-3879

ファックス番号:043-221-7379

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?