サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 行財政改革 > コンプライアンス(法令順守) > コンプライアンス推進 > 東葛飾土木事務所における官製談合防止法違反事件に係る調査結果及び今後の再発防止に向けた取組について

報道発表案件

更新日:平成30(2018)年8月24日

東葛飾土木事務所における官製談合防止法違反事件に係る調査結果及び今後の再発防止に向けた取組について

発表日:平成30年8月23日

総務部行政改革推進課

平成29年末に県土整備部の幹部職員が官製談合防止法違反で逮捕・起訴され、県政に対する県民の皆様の信頼を大きく損なう事態となってしまいました。
また、その際、県職員と事業者の関わり方の問題点などについても、様々なご指摘を受けたところです。

そのため、県では弁護士等の有識者の意見を伺いながら、実態調査や再発防止策の検討を進めて来たところであり、本日、「千葉県コンプライアンス推進本部」の会議を経て、調査結果やそれを踏まえた今後の取組方針を決定しました。

今後は、様々な観点からの取組を職員一丸となって進めるとともに、職員のコンプライアンス意識の徹底を図り、県政に対する信頼回復に努めてまいります。

資料項目

1.官製談合防止法違反事件に係る調査結果(概要)…別紙1(PDF:203KB)

  • (1)官製談合に係る再調査
  • (2)業者からの接待に係る再調査
  • (3)通報者情報等の漏洩に係る再調査
  • (4)公共工事に係る日常業務における外部とのやりとり等に関する調査

2.今後の再発防止に向けた取組(概要)…別紙2(PDF:176KB)

  • (1)職員倫理に関する基準や懲戒処分に関する基準の制定
  • (2)職員に対するコンプライアンス研修の充実
  • (3)各所属におけるコンプライアンスの推進(推進体制、監察)
  • (4)内部通報制度の更なる周知、運用の改善
  • (5)公正公平な入札契約制度の確保
  • (6)外部の者との適切な関係の確保

3.千葉県職員倫理条例(仮称)等の制定について…別紙3(PDF:724KB)

4.千葉県東葛飾土木事務所における官製談合防止法違反事件に係る調査報告書…別添(PDF:1,300KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部行政改革推進課特別監察室

電話番号:043-223-4455

ファックス番号:043-224-1055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?