ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年11月30日

II.平成19年度の決算状況1

平成19年度の決算概況

1当期損益(正味財産の増減)

 

平成14年度

平成15年度

平成16年度

平成17年度

平成18年度

平成19年度

黒字

法人数

30法人

27法人

30法人

34法人

29法人

27法人

 

公益法人

23法人

19法人

24法人

29法人

23法人

22法人

株式会社

7法人

8法人

6法人

5法人

6法人

5法人

赤字

法人数

26法人

25法人

20法人

15法人

17法人

15法人

 

公益法人

21法人

22法人

16法人

11法人

14法人

12法人

株式会社

5法人

3法人

4法人

4法人

3法人

3法人

合計

法人数

56法人

52法人

50法人

49法人

46法人

42法人

 

公益法人

44法人

41法人

40法人

40法人

37法人

34法人

株式会社

12法人

11法人

10法人

9法人

9法人

8法人

公益法人とは、財団法人、社団法人、社会福祉法人及び特別法に基づく法人をいいます。

【黒字法人】

単年度収支が黒字の法人は27法人であり、その状況を18年度と比較すると、黒字額が増加したものは8法人、減少したものは14法人、黒字に転換したものは5法人です。

19年度決算で単年度収支が黒字に転換した法人(5法人)

単年度収支(千円)

(財)千葉県文化振興財団

4,885

(財)かずさディー・エヌ・エー研究所

40,331

(社)千葉県青果物価格補償協会

62

千葉県土地開発公社

281,662

(財)千葉県下水道公社

15,753

【赤字法人】

単年度収支が赤字の法人は15法人であり、その状況を18年度と比較すると、赤字額が増加したものは4法人、減少したものは5法人、赤字に転落したものは6法人です。

19年度決算で単年度収支が赤字に転落した法人(6法人)

単年度収支(千円)

(財)千葉県私立学校教職員退職金財団

△309,994

(福)千葉県身体障害者福祉事業団

△3,233

(財)千葉県環境財団

△106,738

(財)印旛沼環境基金

△1,690

(財)千葉県勝浦海中公園センター

△5,508

(財)千葉県建設技術センター

△48,931

2累積損益

(単位:百万円)

 

平成14年度

平成15年度

平成16年度

平成17年度

平成18年度

平成19年度

累積剰余金

法人数

43法人

39法人

37法人

35法人

34法人

30法人

 

公益法人

38法人

34法人

33法人

33法人

31法人

28法人

株式会社

5法人

5法人

4法人

2法人

3法人

2法人

金額

41,821

39,787

39,899

41,321

35,191

33,184

 

公益法人

39,857

37,573

36,672

40,309

33,476

31,523

株式会社

1,964

2,214

3,227

1,012

1,715

1,661

累積欠損金

法人数

12法人

12法人

12法人

13法人

11法人

11法人

 

公益法人

5法人

6法人

6法人

6法人

5法人

5法人

株式会社

7法人

6法人

6法人

7法人

6法人

6法人

金額

99,553

145,024

147,372

134,014

105,888

105,720

 

公益法人

1,661

41,860

40,532

7,999

7,389

6,749

株式会社

97,892

103,164

106,840

126,015

98,499

98,971

公益法人会計基準による法人の場合、基本財産(基本金)等を除いた正味財産額がプラスの法人を、累積剰余金を有する法人とし、マイナスの法人を、累積欠損金を有する法人としています。

また、千葉県信用保証協会は、公益法人会計基準が適用されないことや公益法人会計基準に読み替えた場合、基本金等と正味財産が等しくなり、累積損益に該当するものがないことから、表の数には含めていません。

【累積剰余金を有する法人】

累積剰余金を有した法人は30法人で、うち公益法人は28法人で18年度より3法人減少し、株式会社は2法人で18年度と比べ1法人減少しました。

また、累積剰余金総額は、331億8千4百万円と18年度と比べ20億7百万円減少しました。

【累積欠損金を有する法人】

累積欠損金を有した法人は11法人で、うち公益法人は5法人、株式会社は6法人で18年度と同数でした。

また、累積欠損金総額は1,057億2千万円で18年度と比べ1億6千8百万円減少しました。

累積欠損金を有する法人の決算状況

(単位:百万円)

法人名

累積欠損金額

単年度収支

18年度

19年度

18年度

19年度

京葉臨海鉄道(株)

△195

△218

△63

△22

東葉高速鉄道(株)

△84,331

△84,679

△1,667

△348

いすみ鉄道(株)

△114

△90

17

24

(財)千葉県環境財団

△93

△107

(財)ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉

△25

△22

25

2

(株)かずさアカデミアパーク

△12,780

△12,941

△42

△161

(株)千葉データセンター

△24

△20

5

4

(社)千葉県農業開発公社

△251

△8

千葉県漁業信用基金協会

△137

△112

6

24

千葉県道路公社

△1,137

△1,082

49

55

千葉県住宅供給公社

△5,839

△5,439

534

400

京葉都市サービス(株)

△1,055

△1,024

98

30

合計

△105,888

△105,720

△1,046

△98

11法人

11法人

3県からの財政支出の状況

(単位:百万円)

 

14年度
(a)

15年度

16年度

17年度

18年度
(b)

19年度
(c)

(c)-(b)

(c)/(b)

(c)-(a)

(c)/(a)

委託料

41,036

37,131

30,730

29,223

20,891

18,086

△2,805

0.87

△22,950

0.44

 

公益法人

38,272

34,545

28,356

27,057

18,746

15,913

△2,833

0.85

△22,359

0.42

株式会社

2,764

2,586

2,374

2,166

2,145

2,173

28

1.01

△591

0.79

補助金・交付金・負担金

11,326

10,249

8,285

9,795

5,418

4,575

△843

0.84

△6,751

0.40

 

公益法人

11,083

10,036

8,122

9,659

5,320

4,555

△765

0.86

△6,528

0.41

株式会社

243

213

163

136

98

20

△78

0.20

△223

0.08

52,362

47,380

39,015

39,018

26,309

22,661

△3,648

0.86

△29,701

0.43

 

公益法人

49,355

44,581

36,478

36,716

24,066

20,468

△3,598

0.85

△28,887

0.41

株式会社

3,007

2,799

2,537

2,302

2,243

2,193

△50

0.98

△814

0.73

【平成18年度から平成19年度における主な増減要因】

「委託料」については、下水道終末処理場への包括的民間委託導入に伴う公社への委託減及び(社)農業開発公社の解散などにより28億円の減額となりました。

「補助金・交付金・負担金」については、(社)農業開発公社の解散などにより8億4千万円の減額になりました。

4県の貸付金・出資金等

(単位:百万円)

 

14年度
(a)

15年度

16年度

17年度

18年度
(b)

19年度
(c)

(c)-(b)

(c)/(b)

(c)-(a)

(c)/(a)

貸付金・出資金等

15,286

13,308

41,699

9,690

9,912

7,631

△2,281

0.77

△7,655

0.50

13,445

11,456

39,833

8,230

8,187

6,567

△1,620

0.80

△6,878

0.49

1,841

1,852

1,866

1,460

1,725

1,064

△661

0.62

△777

0.58

5年度末借入金残高

(単位:億円)

 

平成14年度

平成15年度

平成16年度

平成17年度

平成18年度

平成19年度

借入金残高

2,522

2,478

2,378

1,887

1,574

1,427

2,061

2,054

1,938

1,473

1,357

1,276

461

424

440

414

217

151

245

272

592

595

479

466

108

125

435

429

406

390

137

147

157

166

73

76

419

415

662

602

512

456

419

415

656

593

503

447

0

0

6

9

9

9

債務保証の対象となる借入金残高は、千葉県が債務保証契約を締結することができる千葉県道路公社又は千葉県土地開発公社の当該契約に係る債務残高であり、損失補償の対象となる借入金残高は、金融機関等の損失が確定した場合に、千葉県が当該金融機関等に対してその損失を補償する契約に係る債務残高(損失補償に関連する範囲のみ)です。

借入金残高は、1,427億円で、18年度と比べ147億円減少しました。

また、18年度と比べ借入金残高が減少している法人は14法人、増加している法人は2法人です。

借入金残高が減少している法人(単位:百万円)

法人名

借入金残高の減少額

うち県借入金残高の増減額

京葉臨海鉄道(株)

△40

△20

(財)千葉県環境財団

△25

 

(財)ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉

△10

 

千葉県信用保証協会

△328

 

(株)かずさアカデミアパーク

△136

291

(株)幕張メッセ

△148

 

(株)千葉データセンター

△5

 

千葉県漁業信用基金協会

△7

 

(財)千葉県水産振興公社

△7

 

千葉県道路公社

△1,713

 

(財)千葉県まちづくり公社

△1,091

△572

千葉県土地開発公社

△3,128

 

(財)千葉県下水道公社

△532

 

千葉県住宅供給公社

△1,403

△1,001

借入金残高が増加している法人(単位:百万円)

法人名

借入金残高の増加額

うち県借入金残高の増減額

(財)千葉県産業振興センター

77

63

京葉都市サービス(株)

136

-

 

次へ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部行政改革推進課改革推進班

電話番号:043-223-2460

ファックス番号:043-224-1055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?