サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産業 > 水産業振興 > 内水面漁業の紹介(ちばの水産業)

更新日:平成28(2016)年11月11日

内水面漁業の紹介(ちばの水産業)

1 網漁業

刺網

細長い網を魚の通り道を遮るように張り、網目に刺させたり絡ませたりして、コイ、フナ、ボラ、スズキなどを採捕します。

手賀沼、印旛沼、利根川、江戸川、養老川、夷隅川で行われます。

四手網

十字に組み合わせた2本の竹ざおの先端を網の四隅に結びつけ、これを竿の先端に取り付け、てこを利用し上下させます。

水中に沈設し、網の上に魚が来たら網を引き上げ、たも網で取り上げます。コイ、フナ、ウナギ、ナマズ、小魚などを採捕します。

手賀沼、印旛沼、利根川、江戸川、夷隅川で行われます。

張網

定置網の1種です。垣網にそって魚を袋網に誘導します。コイ、フナ、モツゴ、ボラ、スズキなどを採捕します。

手賀沼、印旛沼、利根川、夷隅川で行われます。

投網

アサガオのような円錐型の網におもりを付け、魚群の上に網をおおいかぶせるように投げ入れ、手縄を手繰り、広がった網すそを次第に狭めて最後に引き上げます。コイ、フナ、アユなどを採捕します。

手賀沼、印旛沼、利根川、江戸川、養老川、小櫃川、夷隅川で行われます。

かぐら網

袋部と翼部からなり、水中に杭を打ち翼部を結びつけ、流れにそって張り網をします。魚は翼部にそって袋部に入ります。コイ、フナ、モツゴ、ウナギ、エビ、ドジョウなどを採捕します。

利根川、江戸川、夷隅川で行われます。

2 その他の漁業

しじみ船びき網

柄のついた金網製の袋の口に歯があります。船の上から柄を持ち、前進しながら水底をかき、シジミを採捕します。

利根川で行われます

柴漬

枝葉の多い木の枝を束ねて水底に設置します。漬を引き上げ水面に出ないうちにすくい網に入れて、漬の中にもぐりこんだ魚をふるい落とします。ウナギ、エビ、小魚を採捕します。

手賀沼、印旛沼、利根川、夷隅川で行われます。

せん

竹で編んだ筒状またはかご状の漁具で、竹筒を使うこともあります。水底に設置し、誘い込んでウナギ、ドジョウ、ナマズ、エビなどを採捕します。

手賀沼、印旛沼、利根川、江戸川、夷隅川で行われます。

はえなわ

多数の餌付きの釣り針のついた非常に長いロープを水中に設置し、コイ、フナ、ウナギなどを採捕します。

手賀沼、印旛沼、利根川、江戸川、夷隅川で行われます。

うなぎ鎌

木の柄の先に、先端が鎌状になっている鉄製の棒を付け、船の側壁に柄をあて、先端の鉄棒部を水底の泥土中に突き込み、船を進ませながら鎌にウナギをひっかけて採捕します。

利根川で行われます。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部漁業資源課資源管理班

電話番号:043-223-3037

ファックス番号:043-201-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?