サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産業 > 水産業振興 > 藻場の保全・回復に向けた取組指針(内房海域編)の策定について

更新日:平成31(2019)年3月29日

藻場の保全・回復に向けた取組指針(内房海域編)の策定について

本県の沿岸域には、アラメ・カジメ・ガラモ(モク類)を中心とした豊かな「藻場」が広がっており、磯根漁業を支えるアワビ、イセエビなどの漁場として、また、水産生物の産卵場や稚魚の育成場として重要な役割を果たしています。

しかし、近年、季節的な消長や台風、時化等の影響による一時的なものではなく、長期間にわたって藻場が消失する現象が確認されています。

そこで県では、藻場の現状を把握するとともに、地区の漁業者を主体とする藻場の保全・回復に向けた取組の目標や進め方、効果的な対策例等を取組指針として取りまとめました。

1.本指針が対象とする海域

東京湾のうち、アラメ、カジメ等の大型海藻が繁茂する富津岬から平砂浦海岸までの「内房海域」(富津市、鋸南町、南房総市、館山市の4市町)の範囲。

2.長期目標

岩礁全体が藻場に覆われていたとされる平成20年頃の状態を藻場のあるべき姿として、地区ごとに藻場の保全・回復を目指します。

3.取組の進め方

  • (1)地区ごとに現地検討会を設置
  • (2)藻場の保全・回復に向けた地区行動計画を策定
  • (3)漁業者が中心となって藻場の保全・回復の対策を実施
  • (4)モニタリング
  • (5)順応的管理による地区行動計画の見直し

4.藻場の保全・回復の対策例

  • 潜水や見突き等によるガンガゼ等の除去
  • ワナや漁具による植食性魚類の捕獲
  • アイゴ等魚類の天敵であり漁業対象種としての価値も高いアオリイカ産卵礁の設置
  • 種苗や母藻の移植
  • 母藻投入やスポアバッグ設置による着生促進
  • 海藻類の着生基質となる藻礁ブロック等の設置

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部漁業資源課漁場環境整備班

電話番号:043-223-3039

ファックス番号:043-201-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?