ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年2月24日

林業・木材産業改善資金

林業・木材産業改善資金は、林業従事者等に県が無利子で資金をお貸しする制度です。

 制度の趣旨

林業・木材産業経営の改善等を目的として、新たな林業・木材産業部門の経営の開始、林産物の新たな生産・販売方式の導入又は林業労働に係る安全衛生施設・福利厚生施設の導入を図る林業従事者等に対し、必要な資金を県が無利子で貸し付けるものです。

 貸付対象者

  1. 林業従事者
  2. 木材産業に属する事業を営む者(一部法人及び個人)
  3. 林業事業者及び木材産業に属する事業を営む者の組織する団体
  4. 林業を行う法人(資本金等1000万以下又は従業者が300人以下のものに限る)
  5. 農商工等連携促進法の認定を受けた中小企業者
  6. 六次産業化法の認定を受けた促進事業者

 相談窓口

借入れをご希望の方は、県林業事務所にご相談ください。

制度全般に関するお問い合わせは下記の団体指導課でも受け付けています。

 貸付利率

無利子

 資金の使途

林業・木材産業経営の改善を図るために必要な資金

具体例

  1. 施設の改良、造成又は取得に必要な資金
  2. 造林に必要な資金
  3. 立木の取得に必要な資金
  4. 立木を伐採し、又は木材の搬出を行うのに必要な資金
  5. 森林について貸借権その他の所有権以外の使用及び収益を目的とする権利を取得する場合において、権利金を支払い、又は当該貸借権の存続期間に対する対価の全額を一時に支払うのに必要な資金
  6. 林業機械、林産物の加工に用いられる機械その他の林業経営又は木材産業経営の改善を図るのに必要な施設について賃借権を取得する場合において、当該賃借権の存続期間に対する借賃の全額を一時に支払うのに必要な資金
  7. 森林の施業又は立木の管理を継続して委託する場合において、当該委託の期間に対する委託料を支払うのに必要な資金
  8. 能率的な林業又は木材産業の技術又は経営方法を習得するための研修を受けるのに必要な資金
  9. 林業経営又は木材産業経営に関し専門的知識を有する者の助言又は指導を受けるのに必要な資金
  10. 林業経営若しくは木材産業経営の改善に必要な調査又は通信・情報処理機材の取得に必要な資金
  11. 営業権、商標権その他の無形固定資産の取得又は研究開発費その他の繰延資産に計上し得る費用に充てるのに必要な資金
  12. 4~11号に掲げるもののほか、経営規模の拡大、生産方式の合理化その他の林業経営又は木材産業経営の改善に伴い必要となる資材費その他の費用に充てるのに必要な資金

 貸付限度額

個人:1,500万円

会社:3,000万円

団体:5,000万円

※木材産業に係る林業・木材産業改善措置を実施する場合にあっては、それぞれ1億円

償還期限・据置期間

10年(うち据置3年)以内

注意事項

  • 貸付決定は年3回(7・11・2月)行います。申請書の締切日は、6・10・1月の月末です。
  • 借入れには、金額に応じた担保及び連帯保証人が必要です。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部団体指導課経営支援室

電話番号:043-223-3075

ファックス番号:043-201-2622

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?