ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農林水産業関連の金融・共済・補助事業 > 農業制度金融 > 高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認により影響を受ける畜産農家に対する制度融資の案内

更新日:平成29(2017)年11月22日

高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認により影響を受ける畜産農家に対する制度融資の案内

高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の発生により影響を受けた畜産農家の方は、以下の制度融資等を利用することができます。

1.日本政策金融公庫の資金

農林漁業セーフティネット資金

貸付対象者

農業者

資金使途

運転資金

貸付金利

0.20%※

貸付限度額

600万円又は年間経営費の3/12

償還期限(据置)

10年以内(3年以内)

※金利は平成29年11月20日現在のもの

2.通常の制度資金

家畜疾病経営維持資金

資金メニュー

経営再開資金

経営継続資金

経営維持資金

貸付対象者

家畜の殺処分等により経営困難となった者

家畜の移動・搬出制限等により経営困難となった者

風評による価格下落等により経営困難となった者

資金使途

運転資金

運転資金

運転資金

貸付金利

0.80%※

0.80%※

0.80%※

貸付限度額

個人2千万円、法人8千万円

100羽当たり5万2千円

100羽当たり5万2千円

償還期限(据置)

5年以内(2年以内)

3年以内(1年以内)

3年以内(1年以内)

※金利は平成29年11月20日現在のもの

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部団体指導課経営支援室

電話番号:043-223-3075

ファックス番号:043-201-2622

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?