ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年12月5日

広域河川改修事業:一級河川高崎川

高崎川は、その源を八街市大池地先付近に発し、途中南部川や寺崎都市下水路を合流しつつ、鹿島川に合流する指定延長6.07km、流域面積86.7平方キロメートルの一級河川である。

高崎川流域は、首都圏に近接しJR総武線や東関東自動車道などの幹線輸送路が集中していることから、近年宅地開発等が急激に進み、降雨による流出量が増大したため、市街地においては床上床下浸水、また農地においては冠水被害が発生している。

そこで、洪水被害に対処するため平成9年度から住宅市街地基盤整備事業に着手し、高崎川下流区間のL=1,300mについて、時間雨量50mmに相当する計画高水流量120m3/sの河道拡幅整備を促進している。また、平成16年度に広域河川改修(旧都市河川改修)事業(高崎川工区)を導入し、上流部1,350mの改修に着手した。

事業計画

年度

事業費

(千円)

進捗率

摘要

全体

3,500,500

 

L=2,650m 築堤=2,700m・掘削135,872m3・橋梁3橋・用地買収79,320m2

平成29年度まで

1,990,600

 

築堤・掘削・用地買収

平成30年度

72,000

58.9%

掘削・護岸

平成31年度以降

1,437,900

 

築堤・掘削・橋梁2橋・用地買収

概要図

概要図の詳細(PDF:99KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部印旛土木事務所調整課

電話番号:043-483-1166

ファックス番号:043-485-3759

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?