ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 畜産 > 豚コレラについて~県民の方々へ~ > 豚コレラ防疫演習の実施と野生イノシシ捕獲強化について

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年10月25日

豚コレラ防疫演習の実施と野生イノシシ捕獲強化について

発表日:令和元年10月24日

豚コレラ防疫演習:千葉県農林水産部畜産課

野生イノシシの捕獲:千葉県環境生活部自然保護課

9月に埼玉県において、関東地方で初めて豚コレラの発生が確認され、群馬県では、野生イノシシで確認されました。このことから、万一、県内の養豚場で豚コレラが発生した場合に、防疫作業を円滑に行うため、県職員や関係者などによる発生を想定した防疫演習を実施します。

 また、国の要請に基づき、感染源の一つとされている野生イノシシの捕獲を強化するため、県北部の市町を捕獲重点エリアに設定し、新たに当該エリア全域において、県による捕獲事業を実施してまいります。

1 豚コレラ防疫演習の実施

開催概要

ア 日時

令和元年10月29日火曜日 午後1時から午後4時30分まで

イ 場所

千葉市農政センター 多目的ホール

ウ 演習内容

  1. 防疫作業の説明
  2. 防護服の着脱演習
  3. 殺処分作業の演習
  4. 動力噴霧器による消毒演習

エ 主催

千葉県農林水産部畜産課

オ 共催

  • 公益社団法人
  • 千葉県畜産協会

カ 参集範囲

  • 県関係機関
  • 畜産関係団体
  • 市町村
  • 自衛隊
  • 農林水産省動物検疫所成田支所等 計100名程度

お問合せ先

2 野生イノシシの捕獲強化

(1)野生イノシシの捕獲重点エリア

銚子市・旭市・成田市・印西市・香取市・東庄町を捕獲重点エリアに設定

設定の考え方

以下の条件を満たす地域を市町村単位で設定

  • 茨城県又は埼玉県との県境近くに位置すること。
  • 養豚が行われていること。
  • 野生イノシシの定着が確認されていること。

 

イノシシ捕獲重点エリア

(2)県による捕獲事業の実施

 県は、捕獲重点エリア全域における野生イノシシの捕獲を令和元年11月から実施します。

 なお、県による捕獲事業で捕獲された野生イノシシ60頭程度に対して、豚コレラウイルスのサーベイランスを12月末までに実施します。

(3)その他

 捕獲重点エリアを含む県内全市町村に対して、野生イノシシの捕獲強化を文書により要請しています。

 また、イノシシ等の捕獲に対する県の補助金について、市町村から追加の交付要望を受け付けることとしています。

お問合せ先

所属課室:環境生活部自然保護課鳥獣対策班

電話番号:043-223-2936

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課家畜衛生対策室

電話番号:043-223-2938

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?