ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

真間川流域の概要

真間川流域は、千葉県の北西部に位置し、標高30mの下総台地に源を発し、松戸、鎌ヶ谷、船橋の各市域の雨水を集めて市川市域で江戸川と東京湾に注ぎます。

流域の面積は約65.6平方キロメートルあり、約43万人もの多くの人々が生活し、川は人々の生活と深く関わっています。

流域の位置

 

位置図(GIF:12KB)

流域の特性

流域面積 65.6平方キロメートル
地質 台地 関東ローム層
低地 沖積層及び砂丘
土壌 台地 黒ボク土壌
低地 グライ土壌及び黒泥土壌
植生

畑・果樹園・植林

(アカマツ材・ヒノキ材・スギ材)

流域人口 約42万7千人(平成22年度)
市街化率 約67%(平成17年度)
関係市町村 4市(市川市,船橋市,松戸市,鎌ケ谷市)

流域図

流域図(GIF:95KB)

ページの先頭へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部葛南土木事務所真間川改修課

電話番号:047-434-7892

ファックス番号:047-434-7910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?