ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年3月22日

平成22年度病院事業会計の決算見込み

発表日:平成23年8月11日

経営管理課
043-223-3959

平成22年度病院事業会計の決算見込みがまとまりました。
収益合計は、414億1,200万円、費用合計は、402億8,600万円で、この結果、当期の純利益は、前年度より19億200万円改善して11億2,600万円となり、病院事業として平成5年度以来17年ぶりに黒字を確保しました。
なお、総務省の公立病院改革ガイドラインに基づいて策定した「千葉県立病院改革プラン」で見込んだ黒字化を、3年前倒しで達成しました。

平成22年度病院事業会計の決算見込み


1黒字化の主な要因

  • 入院患者数が4.1%、外来患者数が3.2%増加した。
  • 診療報酬改定や高度医療の充実などにより、入院単価が57,033円から60,118円となり、3,085円(+5.4%)増加した。
  • 外来単価が17,693円から18,020円となり、327円(+1.8%)増加した。
  • 薬品や医療器機の共同購入の拡充や委託内容の見直しなどにより、材料費や経費の抑制に努めたことにより、医業費用の伸びを2.9%の増にとどめた(医業収益は8.2%の増)。

2収益増の大きい病院

こども病院、佐原病院の入院・外来収益、がんセンター、救急医療センターの入院収益が特に増加した。

3収支の前年度比較表

(単位:千円)
区分 平成21年度 平成22年度 増減額 増減率(%)
医業収益

28,279,881

30,604,290

2,324,409

8.2

医業外収益

10,144,036

10,808,235

664,199

6.5

 

うち負担金交付金

9,687,200

10,286,237

599,037

6.2

特別利益

106

0

△106

皆減

収益計

38,424,023

41,412,525

2,988,502

7.8

医業費用

37,399,799

38,497,629

1,097,830

2.9

  うち給与費

19,626,144

20,319,078

692,934

3.5

医業外費用

1,800,243

1,788,799

△11,444

△0.6

費用計

39,200,042

40,286,428

1,086,386

2.8

純利益(損失)

△776,019

1,126,097

1,902,116

 

4患者動向

平成22年度の延入院患者数は4.1%増加、新入院患者数は4.3%増加、また、延外来患者数は3.2%増加、新外来患者数も4.2%増加している。

区分

平成21年度

平成22年度

増減

増減率(%)

入院

延患者数(人)

339,094

352,945

13,851

4.1

新患者数(人)

21,411

22,329

918

4.3

外来

延患者数(人)

484,022

499,635

15,613

3.2

新患者数(人)

41,198

42,912

1,714

4.2

純利益グラフ(GIF:50KB)

※純損失が最大だったのは平成10年度の45億9千3百万円です。

決算比較のグラフ(GIF:32KB)

※「千葉県立病院改革プラン」は税込みで作成のため、決算値も税込金額です。

病院別損益の前年度比較(単位:百万円)

前年度比較のグラフ(GIF:203KB)

がんセンターは、医師・看護師の増など診療体制の充実による入院患者数の増等で収益増。

救急医療センターは、救急受入要請の増加による入院患者数の増等で収益増。

こども病院は、病床運用の改善(病棟間での融通やベッドコントロールの強化)や手術数の増加などで収益増。

佐原病院は、内科医師の増員(4名→7名)等診療体制の充実により患者数が増え(入院+5.8%、外来+7.3%)、収益増。

PDF版

平成22年度病院事業会計の決算見込み(PDF:19KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:病院局経営管理課財務室

電話番号:043-223-3964

ファックス番号:043-225-9330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?