ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年1月29日

千葉県地域防災力向上知事表彰

県では、自主防災組織の防災活動や学校の防災教育などにおいて、長年にわたって他の模範となる活動や地域と連携した活動を行う団体を表彰し、「自分たちの地域は地域のみんなで守る」とする自助・共助の取組を促進することを目的とし、平成24年度に「千葉県地域防災力向上知事表彰」を創設しました。

 1.概要

(1)趣旨

地域防災活動に関し特に貢献した団体の功績をたたえ、知事が表彰し、もってより一層の地域防災力の向上を図る。

(2)表彰の対象

県内において地域防災活動に顕著な功績がある団体に対し、「自主防災活動の部」、「学校における防災活動の部」、「事業所における防災活動の部」ごとに表彰を行う。

 2.被表彰者の紹介

平成27年度

(1)表彰式

月日:平成28年1月25日(月曜日)
場所:千葉県庁本庁舎5階大会議室
表彰者:髙橋副知事

平成27年度表彰写真1

平成27年度表彰2

(2)被表彰者

【自主防災活動の部】

被表彰者

選定理由

西山町会防災会(柏市)

高齢者の多い地域性から、徹底した安否確認訓練を実施している。大規模災害を想定し、住民に事前に被害状況などは知らせずに、町会全世帯を35の班に分け「向こう三軒両隣」での安否確認を行い、確認率99.9%の精度が高い訓練を実現している。また、同会が中心となって近隣町会や学校と連携した避難所運営訓練も毎年開催し、地域の防災力の向上に貢献している。
【学校における防災活動の部】

被表彰者

選定理由

東庄町立神代小学校 毎年作成する防災計画に基づき、地震や火災など年4回の多様な避難訓練を実施している。特に家族への引き渡し訓練は長年継続的に実施しており、保護者の協力のもと、100%に近い保護者参加率となっている。また、学区を児童が自らの足で歩き危険箇所を把握する「学区の安全マップづくり」を実施、児童の防災意識の向上を図っている。

【企業における防災活動の部】

被表彰者

選定理由

本田土木工業株式会社

(習志野市/建設業)

地域の自主防災組織と連携しての防災活動に取り組んでおり、地域のための防災倉庫を自社に設置して資機材を整備するとともに、災害時には自社重機を提供することとして、平時から地域の防災訓練に参加している。また東日本大震災時には、地域の液状化による道路陥没を、自社重機によりボランティアで修繕し、避難経路の早期復旧に貢献した。

平成26年度

(1)表彰式

月日:平成27年3月19日(木曜日)
場所:千葉県庁本庁舎5階大会議室
表彰者:髙橋副知事

/bousai/jishubousai/images/hyousyousiki1.jpg

地域防災力向上知事表彰表彰式2

(2)被表彰者

【自主防災活動の部】

被表彰者

選定理由

吹上苑町会自主防災会

(習志野市)

「地道」と「継続」をモットーに、住民の防災意識の向上や多くの住民を巻き込んだ啓発活動に尽力している。また、町会の「吹上苑町会おたすけ隊」と密に連携し、要配慮者世帯を定期的に巡回することで、全世帯の避難行動要支援者の最新情報を把握する等、要支援者対策に積極的に取り組んでいる。

本一町会自主防災部

(習志野市)

町内の18の通りごとに、共助の核となる「防災協力員」を募り、向う3軒両隣を基本単位とした安否確認を行うなど、町内全体の安全確保に努めている。また、小学校区内の約30の自主防災組織に呼びかけ、連絡会を発足し、校区の防災リーダー研修会等の実施にも積極的に取り組んでいる。

【学校における防災活動の部】

被表彰者

選定理由

成田市立向台小学校 子どもたちを取り巻く危険は様々であるとの認識のもと、毎年度、安全指導計画を作成している。避難訓練は日程を分けて、地震避難訓練・児童引き渡し訓練等を実施している他、竜巻を想定した訓練も実施する等、子どもたちが自ら危険を予測し回避出来る能力を身につける教育に積極的に取り組んでいる。
長生村立一松小学校 「地震イコール津波・即避難」の認識を高めるとともに、学年ごとに異なるテーマの防災授業を行い、発達段階に応じた取組みを行うことで適切な判断力の向上を図っている。また、村合同避難訓練に参加した児童が、防災集会において発表する取組を行う等地域と連携した防災教育に積極的に取り組んでいる。

平成25年度

(1)表彰式

月日:平成26年3月25日(火曜日)
場所:千葉県庁本庁舎5階大会議室
表彰者:森田知事

地域防災力向上知事表彰式(平成26年3月25日)

(2)被表彰者

【自主防災活動の部】

被表彰者

選定理由

中の島自主防災会

(茂原市)

平成元年及び平成8年に大規模な水害に襲われたことを踏まえ、災害時における要援護者支援対策等に取り組み、避難支援要綱や避難支援体制マニュアルを作成するとともに、避難模擬訓練等を積極的に実施している。

本大久保ホームタウン自治会自主防災会

(習志野市)

自治会役員とは別立ての公募による専任の防災委員からなる自主防災会を立ち上げ、組織の強化を図っている。

また、災害発生時に防災センターを自治会館に設置するとともに、簡易無線機や発電機を確保するなど、実践的な自主防災体制の構築に積極的に取り組んでいる。

【学校における防災活動の部】

被表彰者

選定理由

千葉県立市川工業高等学校

平成15年度から、建築科生徒の実習と課題研究のカリキュラムにおいて、地域の木造住宅に関する耐震構造の現状調査や耐震診断などを実施するとともに、自治会や大学等と連携した活動を行うなど、地域と連携した防災教育に積極的に取り組んでいる。

平成24年度

(1)表彰式

月日:平成25年2月21日(木曜日)
場所:千葉県庁本庁舎5階大会議室
表彰者:森田知事

地域防災力向上知事表彰式(平成25年2月21日)

(2)被表彰者

【自主防災活動の部】

被表彰者

選定理由

生実町防災会(千葉市)

独自の広報スピーカーの設置により、防災行政無線不便地区の解消に貢献するとともに、地域住民に対する情報伝達体制を確立し、災害に対する備えが強化されている。

美田自治会(流山市)

要援護者1人に対し4人の支援者を配置する避難体制の構築や避難所開設・運営訓練を行うなどのほか、防犯・防災フェスティバルを開催し、防災意識の向上に貢献した。
【学校における防災活動の部】

被表彰者

選定理由

旭市立飯岡小学校 東日本大震災での被災経験や避難所対応等の実体験を生かした実践的な防災教育を、各教科・領域に取り入れ、児童の自助、共助力の向上に生かしている。
南房総市立三芳中学校 学校独自の「防災マニュアルブック」の活用により自助・共助の育成を図るとともに、消防署の協力による防災訓練を実施するなど、実践的な取組を行っている。

 

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理部防災政策課地域防災力向上班

電話番号:043-223-2176

ファックス番号:043-224-2886

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?