ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月29日

平成30年度事業実施地区

県営事業

(ハード事業)

基幹水利施設ストックマネジメント事業東葛北部地区

本地区は、野田市の利根川沿いに展開する水田810ha、畑135haからなる農業地帯を受益としています。

基幹的水利施設である揚排水機場が造成から約30年が経過し、ポンプ設備、電機設備の老朽が激しく、このまま放置すると、機能低下が進み、用水不足、排水機能の低下により、農業経営の安定に支障をきたすことが予想されます。

このため本事業により機能保全計画に基づき、対策施設の有効利用と長寿命化対策を行うことによりライフサイクルコストの低減を図り持続的農業の確立を図ります。

事業内容

機場工2ヶ所(目吹揚排水機場、船形排水機場)

内容:主ポンプ整備1式

電機設備整備1式

除塵機更新1式

吸水槽改修1式

機場上屋改修1式

工期

H25~33(予定)

受益面積(ha)

945.4

事業費(千円)

1,091,500

関係市町村

野田市

目吹揚排水機場

目吹揚排水機場(野田市目吹地先)

船形揚排水機場

船形揚排水機場(野田市船形地先)

(ソフト事業)

  • ストックマネジメント事業では、以上のようなハード事業(対策工事)を実施する前に維持管理費や建設費などのコスト削減と施設の有効活用を図る目的から機能保全計画を策定し、施設の更新時期に備え、計画的に準備します。以下の農業水利施設保全合理化事業では、施設・設備の機能診断を実施し、その結果を基に機能保全計画を策定します。

農業水利施設保全合理化事業野田南部地区

本地区は、千葉県の北西部に位置し、江戸川と利根運河に面した耕地であり、地区の排水を新南部排水機場、南部第二排水機場が、用水を野田南部用水機場が担っています。

しかし、地域の湛水被害の軽減を目的として県営湛水防除事業により設置した新南部排水機場は完成後39年、農業経営の安定化と近代化を目的として県営水田農業確立排水特別事業により設置した南部第二排水機場は完成後22年が経過しており、経年劣化が進み排水機能が低下すると湛水被害を生じさせる恐れがあります。また、県営ほ場整備事業により平成10年度に設置した野田南部揚水機場は、江戸川から取水する唯一の揚水機場であり、故障等により停止した場合には、地域の営農への影響が甚大です。

本事業は、機能診断に基づいた機能保全計画を策定することにより、基幹的水利施設の適切な維持管理を行い、施設の長寿命化を図るとともに、安定した用排水機能を維持し、農業経営の安定化と強化を図るものです。なお、地区全体で野田南部土地改良区が施設の維持管理・補修整備を長期的かつ計画的に行うために、3施設を1地区として機能保全計画を策定します。

対象施設

新南部排水機場、南部第二排水機場、野田南部揚水機場

内容:機能診断1式

機能保全計画策定1式

工期

H27~30(予定)

受益面積(ha)

179

事業費(千円)

36,000

関係市町村

野田市、流山市

 

南部第二排水機場

南部第二排水機場(野田市地先)

野田南部排水機場

野田南部揚水機場(野田市地先)

団体営事業

土地改良施設維持管理適正化事業

5団体

<野田市、野田南部土地改良区、野田市江川土地改良区、東葛北部土地改良区、千葉県手賀沼土地改良区>

多面的機能支払交付金実施組織に対する指導及び支援

野田市7組織、柏市1組織

藻刈り(船形)

水路の藻刈り

ごみ拾い(目吹)

農道と排水路内のごみ拾い

生き物調査(目吹)

田んぼの生き物調査

 

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部東葛飾農業事務所基盤整備課

電話番号:04-7143-4123

ファックス番号:04-7144-8260

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?