ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月29日

鳥獣害対策

1.獣害の発生原因

  1. 無防備な田畑はエサ場になります。
    くず野菜等残渣を残さないことや、果実の落下物等の処理等適切な管理が必要になります。また、野生獣が侵入できないような対策を確実に施すことです。
  2. 不耕作農地は景観を悪くするばかりではなく、野生獣の隠れ家、すみかに最適な場所になります。
  3. 外来種はペット等の目的で輸入されたもので、管理者の管理放棄が原因で増加しています。

注意事項

  • 食害や足跡等から加害獣を明らかにしましょう。
  • 音、臭い等の忌避対策は長期間行うと慣れが生じるため、食害時期等に期間を限定し使用しましょう。
  • 収穫後はくず野菜、残渣は残さず片付けましょう。
  • 柵やネットを使用する場合、地際部は埋めるなどして隙間ができないようにしましょう。
  • 電気柵は定期的な維持管理を行い、草やつる等の接触による電圧低下に注意しましょう。
  • 有害鳥獣の駆除は主に市町村単位で行われています。
  • 農作物等の被害でお困りの方は各市町有害鳥獣担当課にご相談ください。また、狩猟免許・狩猟者登録の受付については、夷隅地域振興事務所へお問い合わせください。

有害鳥獣駆除のお問い合わせ先

  • 勝浦市農林水産課0470-73-6635
  • いすみ市農林課0470-62-1280
  • 大多喜町産業振興課0470-82-2176
  • 御宿町産業観光課0470-68-2513

狩猟免許・狩猟者登録の受付についてのお問い合わせ先

  • 夷隅地域振興事務所地域環境保全課0470-82-2451

2.現状と対策・取組状況

夷隅における獣害の現状と対策取組状況(PDF:287KB)統計値は平成22年3月です。

3.鳥獣害対策の10のポイント

その1

効果的な対策を行うには、食べた痕や足跡などから加害鳥獣を明らかにし、その習性や運動能力を知る必要があります。

その2

駆除や防護柵の設置のみに偏っていたこれまでの対策では、農家の不信感は解消されません。
被害にあっている農家がすぐに取り組める対策を提案し、農家が「当事者」となれるよう支援する必要があります。

その3

都市化、過疎化、温暖化など、時代や環境の変化により森林と集落の境がなくなり、野生鳥獣が集落に出てきやすい状況になっています。
一方で、野生動物は珍しい、かわいいと安易に餌付けされる傾向もあります。
農林作物被害が発生していることを広く認識してもらうとともに、被害の発生要因について集落で共通認識をもつ必要があります。

その4

周囲の噂に左右されず、正しい情報を知り、適切な対応をしてください。

その5

対策が失敗してもあきらめないでください。失敗の原因を探り、改善策を考えましょう。

その6

1箇所だけで侵入防護柵を設置しても、その周辺に被害が移動するだけで根本的な解決にはなりません。鳥獣害対策に必要なのは集落ぐるみで考え共通認識を持ち創意工夫する努力が必要になります。

その7

草が生い茂った休耕地や耕作放棄地は野生鳥獣の格好の隠れ場や住処になります。農地の周辺は集落ぐるみで草刈をして、見通しを良くしておくことが必要です。くず野菜や放棄した農産物、熟して落ちた果実等、気づかずに野生鳥獣への餌付けのようになっている場合が多く、取り除く努力が必要です。また、設置しっぱなしの柵は野生鳥獣の学習能力を高めるだけです。どんな柵がいいのかという小手先の考えを変え、身の回りの嫌がらせ資材を工夫して使い、年間を通じた農地や里へ近づかせない嫌がらせ対策が必要です。

その8

電気柵は草やつる等の接触により電圧低下します。また、物理柵も時間の経過による老朽化は避けてとおれません。野生鳥獣は人間が施した様々な防除対策を学習し、克服しようとします。
柵を設置しても安心せず、定期的な保守点検はもちろん、必要に応じたバージョンアップ(発展・改良)も行ってください。

その9

音、におい、光などの忌避効果を狙った対策は、長期間継続して使用すると慣れが生じて効果が低くなってしまうため、被害時期等に期間限定で使用してください。

その10

山の中へ檻等を仕掛けても農林作物被害を出している鳥獣がつかまるとは限りません。里に下りてきて被害を出す鳥獣を適切に駆除することが重要です。なお、ワナ等による捕獲には網・ワナ免許が必要です。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部夷隅農業事務所企画振興課

電話番号:0470-82-4956

ファックス番号:0470-82-3975

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?