ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年9月27日

(平成23年8月)もみがらの放射性物質検査結果について

発表日:平成23年8月29日

農林水産部安全農業推進課
電話:043-223-3080
農林水産部畜産課
電話:043-223-2926

県では、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関連して、堆肥や土壌改良資材等で使用する、今年収穫された米のもみがらの安全性を確認するために、今回放射性セシウムの検査を行いました。
その結果、県内10地点で採取したもみがら全てにおいて、放射性物質は検出されませんでした。
この結果に基づき、県内で今年収穫される米のもみがらの土壌改良資材、家畜用飼料及び敷料としての流通・利用が可能となりましたので、お知らせします。

分析結果

分析機関:(財)千葉県環境財団

単位:ベクレル/kg

No.

地域

市町村名

採取日

検査結果
(放射性セシウム)

1

千葉

市原市

8月25日

検出せず

2

東葛飾

柏市

8月25日

検出せず

3

印旛

成田市

8月25日

検出せず

4

香取

多古町

8月25日

検出せず

5

海匝

旭市

8月24日

検出せず

6

山武

芝山町

8月25日

検出せず

7

長生

睦沢町

8月25日

検出せず

8

夷隅

いすみ市

8月25日

検出せず

9

安房

南房総市

8月24日

検出せず

10

君津

袖ケ浦市

8月25日

検出せず

  • 注1)ベクレル:放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)内に原子核が崩壊する数を表す。
  • 注2)検査結果(放射性セシウム)は放射性セシウム134と放射性セシウム137の合計。
  • 注3)「検出せず」とは、放射性物質が存在しない、又は定量下限値未満であることを示す。
    定量下限値:放射性セシウム:50ベクレル/kg

【参考】もみがらの利用における放射性セシウムの暫定許容値

区分

放射性セシウム

(ベクレル/kg)

土壌改良資材

400

家畜用飼料

300

家畜用敷料

400

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課肥料・農薬班

電話番号:043-223-2888

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?