ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年11月17日

ページ番号:342048

校沿革|市原高等技術専門校

年月

校の沿革
昭和34年4月 五井市原職業訓練所開設、板金科、溶接科、電気機器科を設置
昭和35年4月 板金科、溶接科に定時制を設置
昭和36年4月 電気工事科を設置(定時制併設)
昭和37年3月 電気工事科定時制を廃止
昭和37年4月 塗装科を設置
昭和38年2月 塗装科6ヶ月訓練を設置
昭和38年4月 板金科定時制を廃止
昭和38年6月 市原市、市制施行により施設の名称を市原職業訓練所に改める。
昭和39年4月 自動車整備科を設置
昭和41年3月 本館(職員室、会議室)の新築
昭和44年10月 条例改正により施設の名称を市原専修職業訓練校に改める。
昭和45年3月 板金科、溶接科、電気工事科の実習場増設、電気機器科実習場新築
昭和47年4月 条例改正により施設の名称を市原高等職業訓練校に改める。
昭和47年4月 自動車整備科を専修訓練課程から普通課程に改める。
昭和48年4月 測量科を設置
昭和48年12月 溶接科定時制を廃止
昭和49年4月 条例改正により施設の名称を市原高等技術専門学校に改める。
昭和49年4月 電気工事科を専修訓練課程から普通課程に改める。
昭和49年8月 管理棟(事務室、教室、成人訓練室)の新築
昭和50年7月 総合実習棟(板金科、溶接科、塗装科、電気機器科、自動車整備科、電気工事科)の新築
昭和53年4月 条例改正により施設の名称を市原高等技術専門校に改める。
昭和53年4月 単位制訓練(モジュール)溶接科を設置
昭和54年4月 単位制訓練(モジュール)家庭用電気機器サービス科を設置
昭和61年3月 測量科を廃止
昭和61年4月 電気器機科を専修訓練課程から普通課程に改める。
昭和63年7月 単位制訓練(モジュール)家庭用電気機器サービス科を廃止
平成元年3月 板金科及び溶接科を廃止
平成元年4月 自動車整備科を普通課程(2類)2年制に改める。
平成元年4月 普通課程(1類)金属加工科2年制を設置
平成元年6月 無料職業紹介業務を開始
平成2年1月 自動車整備科実習棟、車庫の新設
平成2年2月 教室、実習場の改修
平成2年3月 電気機器科を廃止。建築物設備管理科実習棟の設備増設
平成2年4月 能力再開発訓練建築物設備管理科を設置
平成3年3月 視聴覚教室の改修
平成4年4月 組織改正により訓練課を3課制に改める。
平成5年4月 金属加工科を塑性加工科に改める。
平成8年4月 塗装科を短期課程に改める。
平成9年8月 単位制訓練(モジュール)溶接科を廃止
平成9年10月 人材開発センター及び溶接科(3ヶ月訓練)を設置
平成13年4月 人材開発センターの業務を拡充し、新たにパソコン科、経理事務科、老人介護科を設置
平成15年3月 発電用施設周辺地域整備法による成人実習棟玄関設置、管理棟給排水設備改修、2階教室改修、正門周辺整備、建築物設備管理科第2実習棟屋根改修及び便所設置、塗装科水洗ブース排水ダクト改修等を実施
平成15年3月 人材開発センターの経理事務科、老人介護科を廃止
平成15年4月 人材開発センターのパソコン科をビジネスIT科に改める。
平成16年3月 人材開発センター及び溶接科(3ヶ月訓練)を廃止
平成16年4月 組織改正により庶務課を相談支援課に改める。短期課程金属技術科を設置、建築物設備管理科をビルメンテナンス科に改める。
平成17年3月 金属加工系塑性加工科を廃止
平成21年3月 短期課程金属技術科を廃止
平成21年4月 金属加工系プラント保全科を設置
平成29年4月 プラント保全科を溶接非破壊検査科に改める。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部千葉県立市原高等技術専門校相談支援課

電話番号:0436-22-0403

ファックス番号:0436-22-0436

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?