ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年8月26日

ページ番号:9711

冷凍空調設備科|船橋高等技術専門校

冷凍空調科の実習風景

科の概要

定員・訓練期間

  • 定員:20名
  • 訓練期間:1年

就職先職種

業務用エアコン・冷蔵庫等のサービスエンジニア、ビルメンテナンスエンジニア。

目指すスキル

  • 基本工具使用作業
  • 配管作業
  • 溶接・ろう付け作業
  • 電気制御配線作業
  • 空調機運転測定作業
  • 空調機据付作業

取得可能資格

在校中 修了後
  • 第三種冷凍機械責任者
  • 二級ボイラー技士
  • ガス溶接技能講習修了証
  • 玉掛け技能講習修了証
  • 第二種電気工事士
  • 管工事施工管理技術検定(実務経験年数短縮)
  • 第一・二種冷凍機械責任者
  • 一級ボイラー技士
  • 第一種電気工事士
  • 第一種冷媒フロン類取扱技術者

主な就職先

東芝テクノシステム株式会社、ダイキンエアテクノ株式会社、株式会社九電工、東京冷機工業株式会社、東京メルテック空調株式会社、株式会社ヤシマ・エコ・システム、中野冷機株式会社、株式会社大西熱学、日本空調サービス株式会社、東京団地冷蔵株式会社、大成有楽不動産株式会社

修了生からのメッセージ

冷凍空調設備科在校生

令和3年度冷凍空調設備科修了生

𠮷田 廉太さん

 就職を考えていましたが、技術を身に付けてから働く方が良いと思い、ちばテク船橋校に入校しました。エアコンから冷たい空気が出る仕組みや、様々な工具の使い方を一から学習しました。

 何も知らなくても先生方がしっかりとサポートしてくれるので心配する事はありませんでした。お陰で第三種冷凍機械取扱責任者、第二種電気工事士などの資格を取得することができました。

 現在は、ちばテク船橋校で学んだことを活かして一日でも早く立派な空調エンジニアになれるよう頑張っています。

 

冷凍空調設備科の学習内容

前期

基本工作作業

  • 手仕上げ作業
  • はつり、やすり作業
  • タップ、ダイスによるねじ切り作業
  • 卓上ボール盤、ハンドドリルによる穴あけ作業

冷凍機のコンプレッサ(圧縮機)分解・組立実習

  • レシプロ型、スクリュー型、ターボ型圧縮機の分解・測定・組立作業

配管実習

  • 鋼管のねじ切り、配管加工
  • 塩ビ管の曲げ加工接合加工、水圧試験

コンプレッサー分解

コンプレッサ分解作業

配管作業

配管作業

空調運転測定実習

  • さまざまなタイプのエアコンを運転し、データ測定を行うことにより、能力計算、運転状態の良否を判断します。

空調5

運転測定

学科

  • 冷媒理論を主体に第三種冷凍機械責任者免状の取得を目指します。

中期

冷媒配管実習

  • 鋼管の曲げ加工、フレア加工、ロウ付け作業

電気工事実習

  • 蛍光灯、スイッチ、コンセントなどの電気器具の配線、取り付けなどの基本実習

リレーシーケンス実習

  • 空調機の制御を主体とした電気回路の習得、およびプログラムコントローラの入力作業

配管加工作業

配管加工作業

空調4

制御配線実習

学科

  • 電気理論、制御技術や熱力学を通じて電気工事士やボイラー技士免許の習得の目指します。

後期

冷凍および空調設備総合実習

  • 実践を想定した冷媒配管、水配管、電気配管作業。エアコンの据付け、冷凍機の組立て、冷凍充填、冷媒回収作業および試験運転調整作業

冷凍空調科分解作業

空調分解作業

冷凍空調設備科設置作業

空調点検作業

 

お問い合わせ

所属課室:商工労働部千葉県立船橋高等技術専門校訓練第三課

電話番号:047-433-2790

ファックス番号:047-433-2791

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?