ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月4日

校の概要・沿革|船橋高等技術専門校

設置の目的

職業能力開発促進法に基づく職業能力開発校として、新規学卒者・転職者及び技能労働従事者に対し、職業に必要な知識・技能を習得させると共に、産業人としての人間形成に努め、有為な技術者を養成し、更には労働者の地位の安定・向上を図り、経済・社会の発展に資することを目的とする。

校訓

  1. 友愛と相互扶助の精神に努めます。
  2. 規律を守り礼節を重んじます。
  3. 勤労を尊び協同一致して責任の遂行に努めます。
  4. 忍耐強く明朗活発に励みます。
  5. 誇りをもって積極的に技能練磨に励みます。

指導目標

訓練目標

  1. 実習意欲を高め、充実した実技指導を展開する。
  2. 自主的・意欲的な学習態度の確立に努める。
  3. 技術の科学的根拠を理解させ、技術を高めるために必要な知識を習得させる。
  4. 訓練科目に関係する、各種資格を取得させる。

生活指導目標

  1. 訓練を通して、正しい作業態度を習得させる。
  2. 訓練を通して、勤労の尊さを体得させる。
  3. 訓練を通して、社会生活の基礎となる責任感・規律・連帯感を養成する。
  4. 訓練を通して、職場常識・社会常識を身に付けさせる。
  5. 訓練を通して、コミュニケーション能力を伸ばし、職場適応性を向上させる。

沿革

昭和37年4月

船橋職業訓練所開設(船橋市西浦町1-4-3)

機械科・溶接科設置

昭和38年4月 板金科増設
昭和39年4月 機械製図科増設
昭和44年4月 塗装科増設
昭和44年10月 施設の名称を船橋専修職業訓練校に改める。
昭和47年4月 施設の名称を船橋高等職業訓練校に改め、機械製図科を高等訓練課程に変更する。
昭和49年4月 施設の名称を船橋高等技術専門学校に改め、塗装科を廃科し冷凍空気調和機器設備科(高等訓練課程)を新設する。
昭和53年4月 施設の名称を船橋高等技術専門校に改める。
昭和59年4月

船橋市高瀬町31番地の7に校舎を新築移転する。

溶接科を廃科し、精密加工科(普通訓練課程)1年課程を新設する。

昭和61年4月 精密加工科を金型科に改める。
平成3年4月 管理実習棟を増築し、マイクロコンピュータ制御科(普通課程)1年課程と情報処理科(普通課程)2年課程を新設し、機械科を機械加工科(普通課程)2年課程に変更する。
平成5年4月 機械科を機械系機械加工科、機械製図科を機械系機械製図科、金型科を機械系精密加工科、冷凍空気調和機器設備科を設備施工系冷凍空調設備科、マイクロコンピュータ制御科を電気・電子系コンピュ-タ制御科、情報処理科を第2種情報処理系システム設計科に改める。
平成10年4月

機械系精密加工科を廃科し、電気・電子系コンピュータ制御科を2年課程に改める。板金科を短期課程に変更する。

平成12年4月 板金科を金属加工科(短期課程)に変更する。
平成16年4月 機械加工科と機械製図科を統合し、生産技術科(普通課程)2年課程を新設する。
平成17年3月 システム設計科において、下肢障害者を受入れるため、エレベーターの設置を新設する。
平成17年10月 金属加工科の日本版デュアルシステム訓練を開始する。
平成20年4月 生産技術科とコンピュータ制御科を統合し、メカニカルエンジニア科(機械系機械技術科・普通課程)2年課程を新設する。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部千葉県立船橋高等技術専門校訓練第三課

電話番号:047-433-2790

ファックス番号:047-433-2791

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?