ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年11月29日

教育研究の理念・目標

教育研究上の理念及び目的

大学の理念・目的

千葉県立保健医療大学は、保健医療に関わる優れた専門的知識及び技術を教授研究し、高い倫理観と豊かな人間性を備え、地域社会に貢献し、保健医療の国際化に対応できる人材を育成するとともに、研究成果を地域に還元することにより、県民の保健医療の向上に寄与します。

教育研究上の目的

高い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成

生命の尊厳を深く理解し、専門職としての高い倫理観を育み、人間を総合的に理解し、多様性を認めあう広い視野を持った人材を育成します。

健康づくりなどの保健医療に関わるすぐれた専門職の育成

すぐれた専門的知識・技術を習得し、一人ひとりの状況に応じた健康づくりなどの多様な保健医療を研究・企画・評価する能力を持った人材を育成します。

地域社会に貢献し、保健医療の国際化に対応できる人材の育成

地域に開かれた大学において、県民、保健医療関係者と広く連携・交流を行い、地域社会に貢献する意識態度を醸成します。また、国の内外を問わず国際的な視野を持って活動できる人材を育成します。

県の健康づくり政策のシンクタンク機能

健康づくりなどの保健医療の政策課題に関する実践的研究を行い、その成果を地域に還元し、県の健康づくり政策に貢献します。

教育上の理念

豊かな人間性や高い倫理観、生きいきとしたコミュニケーション能力を備え、温かく思いやりのある保健医療サービスを提供できる人材を育成します。また、責任感と柔軟性を伴う確かな実践力と新たな実践を作り出す力を生かして、多様な分野で他の専門職と協働しながら活躍できる人材を育成し、地域の健康の向上に貢献します。さらに、広く開かれた大学として、地域の人々との連携や交流をして、千葉県をはじめ地域社会へ貢献する意識や生涯にわたる自己研さん能力を育み、国際社会での保健医療の発展に寄与します。

教育目標

教育上の理念を達成するために、以下の8つの力を備えた人材を育成することを教育目標としています。

  1. 思いやりの心や高い倫理観を基本とした保健医療サービスを提供できる力
  2. 生きいきとしたコミュニケーション力
  3. 確かな実践力と新たな実践をつくりだす力
  4. 自己理解と責任感を基盤としたしなやかな個別対応力
  5. 他の専門職と自在に連携・協働する力
  6. 地域社会や地域の健康づくりに貢献する力
  7. 生涯にわたる自己研さん力
  8. 国際的な視野を持ち保健医療の発展に寄与する力

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保健医療大学事務局企画運営課

電話番号:043-296-2000

ファックス番号:043-272-1716

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?