ここから本文です。

学長挨拶

千葉県立保健医療大学学長田邊政裕千葉県立保健医療大学 学長 田邊 政裕

 

 

千葉県立保健医療大学は2009年(平成21年)4月に開学し、2018年(平成30年)3月に第6期生が卒業し社会に飛び立った若い大学です。30年を超える歴史をもつ千葉県立衛生短期大学と千葉県医療技術大学校が統合・整備され、1学部2キャンパス、定員740名の4年制大学になりました。

 

本学の教育理念・目的は、千葉県における「健康づくりのプロフェッショナル(プロ)」の育成にあります。「優れた専門的知識及び技術」に「高い倫理観と豊かな人間性」を備え、「地域社会に貢献し、保健医療の国際化の対応できる人材」の育成です。1学年の学生数は合わせて190名(看護学科編入10名を含む)の精鋭主義をとっており、将来は各分野の指導者となるべき人材育成を目指しています。

 

健康づくりは乳幼児期から高齢期まであらゆるライフステージの患者・利用者さんが対象です。「健康づくりのプロ」は様々な特性、病態を抱える患者・利用者さんに適切に対応し、満足いただけるヘルス・ケアを提供できなければなりません。そのためには、現場で患者・利用者さんの身体的のみならず心理的、社会的な意味を含めた多様な健康問題を把握し、解決できる問題解決能力を身に付ける必要があります。

 

千葉県は高齢化が急速に進んでいます。団塊の世代が全員75歳以上になる2025年には人口の20%近くが後期高齢者になり、高齢化率は全国第一位、“保健医療ニーズの爆発的増大”が現実になります。このような状況にあって、本学卒業生が地域で「健康づくりのプロ」として果たすべき役割は極めて重要です。皆さんが地域の保健、医療、介護を担う「健康づくりのプロ」として先頭に立って活躍する時代が来ます。

 

本学における教育は、掲げられた教育理念を達成するために修得すべき知識も技術も多く、厳しいものとなります。しかし、このような環境の中でこそ皆さんが自己研鑽を通して、自身の可能性を最大限発揮できる自己実現が可能になります。その達成に向けて教職員一同皆さんを応援していきます。

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保健医療大学事務局学生支援課

電話番号:043-296-2000

ファックス番号:043-272-1716

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?