ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 大気 > 大気環境 > アスベストに対する千葉県の取組 > アスベスト飛散防止の徹底について > 台風15号及び19号により設置された災害廃棄物仮置場における「アスベストモニタリング調査」の実施結果について

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年11月23日

台風15号及び19号により設置された災害廃棄物仮置場における「アスベストモニタリング調査」の実施結果について

発表日:令和元年11月22日
環境生活部大気保全課

県では、災害廃棄物が一時保管されている仮置場でのアスベストの飛散防止対策が十分であるか確認するため、県内2市町の仮置場敷地境界で、アスベストモニタリング調査を実施しました。

その結果、継続的なモニタリングが必要となるような高い濃度は見られませんでした。

アスベストの飛散防止のため、県では、引き続き、仮置場の適正な管理を促していきます。

1 調査日時・場所

調査日時

調査対象仮置場

令和元年10月30日(水曜日)

正午~午後4時

南房総市役所前仮置場

南房総市富浦町青木28

令和元年10月31日(木曜日)

正午~午後4時

鋸南町保健福祉総合センターすこやか内仮置場

安房郡鋸南町保田560

2 調査方法

本調査では、「アスベストモニタリングマニュアル(第4.1版)」(環境省)に準じて、1つの仮置場において、4地点の敷地境界で測定(1日4時間採取)を行いました。

採取後、まず、アスベスト以外の繊維も含む総繊維数濃度を求め、総繊維数濃度が1本/リットルを超過した場合には、詳細なアスベスト濃度の測定を行いました。

3 調査結果(総繊維数濃度)

総繊維数濃度(単位:本/リットル)

仮置場

地点1

地点2

地点3

地点4

南房総市役所前仮置場

0.34

0.45

0.22

0.39

鋸南町保健福祉総合センター

すこやか内仮置場

1.1

0.73

1.1

1.3

  • ※ 詳細なアスベスト濃度の測定の結果、不検出でした。

(参考)

一般大気環境に係るアスベストの環境基準は定められていませんが、大気汚染防止法で定める特定粉じん発生施設の敷地境界におけるアスベスト濃度の基準は、10本/リットル以下となっています。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課大気規制班

電話番号:043-223-3804

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?