ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 水質・地質 > 海や川・湖沼の水質 > 浄化槽の適正管理 > 浄化槽法に基づく指定検査機関に対する業務の改善指示について

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年8月23日

浄化槽法に基づく指定検査機関に対する業務の改善指示について

発表日:平成28年8月22日 

千葉県環境生活部水質保全課

 県が、浄化槽法第57条の規定に基づき水質検査の実施機関として指定している公益社団法人千葉県浄化槽検査センター(以下「検査センター」という。)は、浄化槽法第7条及び第11条に基づく法定検査を実施しているところです。

 このたび、7条検査のうち、県民の方から検査手数料を受領しながら、法定期間(使用開始後3カ月から8カ月)内に検査を実施していないものが1,752件あることを確認しました。

 これを受け、県は、本日、検査センターに対し検査遅延の解消、検査遅延の発生原因の究明及び再発防止策の取りまとめ等を内容とする業務の改善を指示しましたのでお知らせします。

経緯

 平成28年4月に、検査センターに「7条検査を依頼した県民の方から『法定検査に来ない。』との苦情があった。」との報告を受け、県が検査センターに検査の実施状況を報告させ、立入検査を行った結果、7条検査の遅延を確認したものです。

7条検査の遅延件数等(平成28年6月末現在)

 ※検査手数料を受領しているが法定期間に検査を実施していない件数等

(1)検査遅延件数 1,752件

(2)受領済み検査手数料 17,629千円

業務改善指示の内容

 早急に検査遅延解消の措置を講ずるとともに、次の内容について報告を指示した((1)、(2)の報告期限9月16日)。

(1)検査遅延の解消方策及び解消に向けた検査実施計画の策定

(2)検査遅延が発生した原因の究明、再発防止策の取りまとめ

(3)検査遅延を含む毎月の法定検査の実施状況の報告

今後の対応

 今後、検査センターから提出される検査実施計画書及び再発防止策等の内容を確認の上、検査遅延の早期解消及び再発防止に向けて厳正に指導してまいります。

その他

公益社団法人千葉県浄化槽検査センター

〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-11-1

電話 043-246-6283

参考

1 浄化槽の法定検査制度について

浄化槽法では、浄化槽の管理者(浄化槽の所有者、占有者など浄化槽の管理について権原を有する者)に対し、知事が指定する検査機関による法定検査を受けることを義務付けている。

(1)7条検査

浄化槽の設置状況や設置された浄化槽が適正に機能しているかを検査

検査の時期は浄化槽の使用開始後3カ月を経過した日から5カ月間(使用開始後8カ月)

(2)11条検査

浄化槽の保守点検・清掃が実施され浄化槽の機能が維持されているかを検査

毎年1回実施

2 検査センターについて

昭和61年3月に、知事が浄化槽法第57条に基づく検査機関として指定した法人。

当該法人は、昭和54年12月に設立され、厚生大臣から浄化槽法施行以前の「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則」の規定による「し尿浄化槽」の検査実施機関の指定を受けていた。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課浄化槽班

電話番号:043-223-3813

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?