ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月7日

東京湾の水質浄化への取組

東京湾の水質保全対策(水質総量規制)

東京湾においては、環境基準達成率が低く、富津岬以北の内湾部では依然として赤潮や青潮の発生が見られます。

このため、東京湾などの広域的閉鎖性水域を対象に、汚濁負荷量を統一的かつ効果的に削減することを目的とし、昭和53年の「水質汚濁防止法」の改正により、水質総量規制制度が導入されています。

これまで、4次にわたり化学的酸素要求量(COD)を対象項目に実施され、第5次の総量削減計画からは、窒素及びりんが対象項目に加わりました。

平成29年6月には、平成31年度を目標年度とする第8次の総量削減計画を策定し、汚濁負荷量の削減に取り組んでいます。

 

赤潮の発生

赤潮

青潮の発生

青潮

東京湾における総量削減計画関係

関連ページ

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課水質監視班

電話番号:043-223-3816

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?