ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月26日

3.2水量・水質の変化

3手賀沼流域の現状と課題

手賀沼水循環回復行動計画目次

前のページ次のページ

3.2水量・水質の変化

水量(降雨量・河川流量)

  • 年降雨量には、近年、大幅な増加・減少の傾向は見られていません。
  • 近年、大堀川、大津川の河川流量は、減少傾向にありますが、亀成川、金山落、染井入落では変化は見られていません。

水質(COD年平均)

  • 大堀川、大津川では、流域の都市化により汚濁が進行していましたが、近年の下水道整備やその他対策により改善傾向にあります。亀成川、金山落、染井入落ではほぼ横ばいで推移しています。平成13年度では、大堀川のみ環境基準が達成されています。
  • 手賀沼では、都市化の進行により流入汚濁負荷量が増大したため、沼の富栄養化が進行し、昭和54年度には最大28mg/lまで上昇しましたが、下水道等諸対策により平成3年度には16mg/lまで低下しました。
  • その後再び平成7年度に最大25mg/lまで上昇しましたが、以降徐々に低下し、さらに平成12年度から稼働した北千葉導水の効果も加わり、平成13年度には11mg/lまで改善されました。しかしながら、環境基準(75%値5mg/l)は達成されていません。

降雨量(年間)と手賀沼流入河川流量(年平均)

降雨量(年間)と手賀沼流入河川流量(年平均)

流量データは、日平均データを年平均して算出
出典:手賀沼流域等流量調査、国土交通省利根川下流工事事務所

手賀沼及び流入河川水質(COD年平均値)

手賀沼及び流入河川水質(COD年平均値)

出典:公共用水域水質測定結果、千葉県

前のページ次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課湖沼浄化対策班

電話番号:043-223-3821

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?