ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月26日

1行動計画策定の趣旨

手賀沼水循環回復行動計画目次

前のページ次のページ

手賀沼流域では、急激な都市化の進行と人口の増加に伴って、家庭からの生活排水が大きな原因となり水質が著しく悪化するとともに、雨水の浸透・保水能力の減少、多様な生態系を支える水辺地の消失などが進行しました。

これまでの下水道整備等の汚濁負荷削減対策や浄化用水の注水など、様々な浄化対策により、手賀沼の水質は一定の改善を見ましたが、依然として環境基準は達成されていません。また、湧水や河川流量の減少、水生生物の減少による自然浄化機能の低下など、水循環の悪化の問題が生じており、一層の水質改善を進めるためにも、健全な水循環の回復が求められています。

このため、第4期湖沼水質保全計画(平成13年度策定)では、『残された自然環境を生かし、水量の回復、水生生物や水辺地の保全という一体的な水環境の回復を図るため、「健全な水循環の回復計画」を策定する』としたところです。

この計画では、中・長期的な視点からの「健全な水循環回復」に向けた具体的な取組方策を明確にし、流域に関係する一人ひとりが主役となって行動することにより、総合的な水環境の保全を図ろうとするものです

※この計画では、「NPO」を市民の自発性に基づいた営利を目的としない自立的・継続的に環境保全に関わる活動を行っている団体と定義します。

流域の水循環

流域の水循環

前のページ次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課湖沼浄化対策班

電話番号:043-223-3821

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?