ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月26日

3.5手賀沼流域で実施されている主な取組

3手賀沼流域の現状と課題

手賀沼水循環回復行動計画目次

前のページ次のページ

3.5手賀沼流域で実施されている主な取組

現在、手賀沼流域で実施されている取組には、主として雨水浸透や下水道整備、合併処理浄化槽の設置があります。このうち、雨水浸透や緑地の保全は主に流域の市街化が進んでいる大堀川・大津川流域で、合併処理浄化槽の設置はほぼ流域全体で実施されていることが分かります。
一方、生態系の保全・再生や湧水の保全等の取組は、一部の自治体での実施にとどまっています。

流域市町村

  • 地下水涵養量の確保:市街化の進んでいる流域西部の市町で実施
  • 緑地の保全:市街地化の進んでいる流域西部の市町で実施
  • 流入負荷削減対策および人と水の関わりの強化:全市町村で実施
  • 雨水貯留、湧水の保全、生態系の保全・再生:一部の市町村で実施・・

千葉県

  • 宅地開発に伴う雨水貯留浸透施設の設置指導や環境保全型農業の推進等、総括的な施策を実施
  • 流域下水道の整備、河川直接浄化施設の設置等流入負荷削減対策の実施
  • 底泥浚渫等の沼内対策の実施
  • 手賀沼親水広場を核とした環境学習・啓発活動の実施

  • 浄化用水の導入:北千葉導水事業の実施

NPO

  • 流域調査や研究、環境学習、啓発、清掃等の活動の積極的な実施

手賀沼流域で実施されている主な取組の状況

手賀沼流域で実施されている主な取組の状況

流域市町村の取組

国・千葉県の取組み

国・千葉県の取組み

NPOの取組

手賀沼流域では、数多くの環境保全に係るNPOが存在し、行政とのパートナーシップのもと、環境調査や研究、環境学習、啓発、清掃等の活動を積極的に行っています。

自然観察会の開催

自然観察会の開催

冊子、パンフレット等の作成

冊子、パンフレット等の作成

前のページ次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課湖沼浄化対策班

電話番号:043-223-3821

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?