サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 水道・下水道 > 千葉県営水道 > 千葉県営水道を知る|千葉県営水道 > 東ティモール民主共和国への短期派遣の帰国報告会について

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年3月2日

東ティモール民主共和国への短期派遣の帰国報告会について

発表日:平成31年3月1日

千葉県水道局水道部計画課

千葉県水道局では、JICA(独立行政法人国際協力機構)からの要請を受け、平成24年度から東ティモール民主共和国へ職員を派遣し、現在も長期派遣者1名が給水改善に向けた技術的な支援を行っています。

この度、1月下旬から2月中旬にかけて、同国への短期派遣として「浄水場の運転管理」と「浄水場の水質管理」の技術指導を行った職員が帰国しましたので、現地での活動状況についての報告会を3月7日(木曜日)に開催します。

1.派遣概要

(1)派遣職員

浄水場の運転管理2名(機械職・電気職)

浄水場の水質管理2名(化学職・生物職)

(2)派遣期間

平成31年1月25日~2月17日(24日間)

(3)指導内容

運転管理:これまで指導してきた浄水設備等のメンテナンスに加え、不具合のある送水ポンプの分解整備等の指導

水質管理:これまで指導してきた適正な薬品注入方法のフォローアップに加え、高濁時における水処理対応マニュアルの作成

講義:現地水道局職員を対象とした、浄水場設備についての解説、水質試験方法及びWHOが定める水質基準についての解説

(4)対象浄水場

日本の支援(ODA)で建設・更新された首都ディリ市内の4浄水場

セントラル浄水場(6,000m3/日)、ラハネ浄水場(2,600m3/日)、

ベモス浄水場(2,000m3/日)、ベナマウク浄水場(600m3/日)

括弧内は浄水処理能力

2.帰国報告会

(1)日時:平成31年3月7日(木曜日)午後4時~4時30分

(2)場所:千葉県水道局幕張庁舎2階特別会議室

(3)出席者:水道局長、幹部職員、派遣職員、聴講を希望する職員

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企業局 水道部計画課技術指導室

電話番号:043-211-8637

ファックス番号:043-274-9804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?