ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年9月10日

令和元年度千葉県相談支援従事者現任研修

【重要】事前課題

当研修の受講者は、10月7日以降にある演習の初日に、以下の事前課題を準備していただく必要があります。

事前課題の内容

ご自分や所属等が実際に担当した支援事例をもとに、下記【提出書類】の1~7を作成してください。
作成した事前課題は、10部印刷し各部をホチキス留めした上、演習の初日に研修会場へ持参してください。

※作成する事例の障害種別は、受講申込書で選択した障害種別と同じものにしてください。
※演習初日の開始時刻までに課題が準備できていない場合は、修了証書を交付することができませんのでご注意ください。

提出書類

提出書類については、作成する事例の障害種別が「身体」「知的」「精神」のいずれかの場合は【提出書類A】を「障害児」の場合は【提出書類B】を作成してください。

※【提出書類A】又は【提出書類B】のいずれか一方は必ず作成してください。

【提出書類A】…作成する事例が「身体」「知的」「精神」のいずれかの場合

  1. 表紙(ワード:40KB)
  2. 事例概要(ワード:27KB)
  3. 相談受付票(ワード:41KB)
  4. アセスメント票(ワード:99KB)
  5. サービス等利用計画(1)(エクセル:90KB)
  6. サービス等利用計画(2)(エクセル:61KB)
  7. 週間ケア計画(エクセル:88KB)

【提出書類B】…作成する事例が「障害児」の場合

  1. 表紙(ワード:40KB)
  2. 事例概要(ワード:27KB)
  3. 相談受付票(ワード:41KB)
  4. 一次アセスメント票(エクセル:47KB)
  5. 障害児支援利用計画(1)(エクセル:90KB)
  6. 障害児支援利用計画(2)(エクセル:58KB)
  7. 週間ケア計画(エクセル:88KB)

研修の実施

令和元年度千葉県相談支援従事者現任研修(以下「現任研修」という。)を下記実施要領のとおり実施します。
相談支援専門員は、相談支援従事者初任者研修の受講後5年以内に当研修を受講する必要があります。

平成26年度に相談支援従事者初任者研修を修了した方で、まだ現任研修を受講していない方は、本研修を受講しなければ令和元年度末で「失効」し、相談支援専門員としての業務ができなくなります。
(相談支援専門員として業務に就くためには、再度相談支援従事者初任者研修を受講しなければなりません。)

受講対象者

都道府県が実施する相談支援従事者初任者研修(以下「初任者研修」という。)修了者

ただし、初任者研修を修了した年度の翌年度から5年度ごとの年度末日までに現任研修を修了していない者(資格失効者)は受講することができません。
また、千葉県が実施する「相談支援従事者初任者研修(講義2日)」の修了者は受講することができません。

※受講べき年度の確認に当たっては、以下の「受講年度の確認票」を御活用ください。
受講年度の確認票(PDF:115KB)

申込方法

受講希望者は、実施要領等をご確認の上、令和元年8月5日(月曜日)※当日消印有効までに、原則法人単位でお申し込みください。(法人に所属していない方は個人での申込みも可とします。)

実施要領・カリキュラム・受講申込書

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害福祉事業課地域生活支援班

電話番号:043-223-2335

内線:2335

ファックス番号:043-222-4133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?