ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症への対応について > 患者の発生について|新型コロナウイルス感染症 > 患者の発生について|令和3年3月 > 成田市内の障害者施設における新型コロナウイルス感染症の集団発生について(第2報)

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年3月1日

ページ番号:420066

成田市内の障害者施設における新型コロナウイルス感染症の集団発生について(第2報)

発表日:令和3年3月1日
健康福祉部障害福祉事業課

成田市内の障害者施設「うぐいすホーム」について、2月4日に施設内での最後の感染者が確認され、以後、新規感染者が確認されていないことから、本施設での集団感染は終息したものと判断しました。

施設の概要等

所在地

千葉県成田市猿山(さるやま)

施設名称

社会福祉法人菜の花会「うぐいすホーム」

概要及び経緯

概要

  • これまでの発生状況 入所者4名、職員1名

  • 検査人数(実人数):入所者6名、職員14名

成田市内の障害者施設における新型コロナウイルス感染症の集団発生について(第2報)(PDF:89.7KB)

経緯

  • 2月2日火曜日 

 当該施設の入所者3名、職員1名の計4名の計4名が、検査の結果陽性と判明

  • 2月7日日曜日

 当該施設の入所者4名及び職員1名が感染したことを発表

  • 2月8日月曜日 

 県のクラスター等対策チームを現地に派遣し、ゾーニングや職員への感染管理指導等を実施

  • 3月1日月曜日

 施設内の最後の感染者を確認した後、新規感染者が確認されていないことから、集団感染は終息したものと判断

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害福祉事業課法人指導班

電話番号:043-223-2646

ファックス番号:043-222-4133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?