ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 自然・生物保護 > 生物多様性の保全 > 外来生物対策 > 千葉県特定外来生物(アライグマ)防除実施計画について

更新日:平成29(2017)年7月26日

千葉県特定外来生物(アライグマ)防除実施計画について

ライグマは、1970年代後半に放映されたアニメーションの影響や、外見の愛らしさ等から、主にペットとして広く飼育されるようになりました。しかし、飼育が困難であること等から飼い主が遺棄する例や、逃げ出す例が相次ぎ、全国各地で野生化したものが確認されるようになりました。

ライグマは、1回で2~6頭出産する繁殖力の強さ、動物から植物まで食べる幅広い食性をもち、日本には天敵らしい天敵がいないことなどから、各地で個体数が増加しており、生態系や、生活被害など様々な被害や影響が出ています。
葉県でも、捕獲数や農作物被害額が年々増加しており、2006~2007年度に生息状況調査を行ったところ、夷隅地域を中心に、県内広範囲に分布が確認され、推定生息数は約1,000~7,000頭という結果となりました。

のような状況から、早急かつ計画的、総合的にアライグマを防除するための対応として、2008年7月に外来生物法に基づく防除実施計画を策定し防除を進めることになりました。

千葉県特定外来生物(アライグマ)防除実施計画の概要

目的

生態系や農林水産業に係る被害を最小限にとどめることを当面の目標とし、最終的には、野外からの完全排除をめざすことを目的とする。

防除を行う区域

千葉県全域

防除を行う期間

確認の日(平成20年7月15日)から平成33年3月31日まで

防除の方法

(1)実施体制:県及び市町村が実施主体となり、地域住民、関係団体、研究機関等の協力を得ながら防除を実施する。

(2)捕獲の方法:原則として、はこわなを使用する。

計画本文ダウンロード

千葉県アライグマ防除実施計画(PDF:425KB)(平成20年7月策定)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課鳥獣対策班

電話番号:043-223-2936

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?