サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年6月5日

感染症発生概要2019年5月分

発表日:令和元年6月5日

健康福祉部疾病対策課
電話:043-223-2672

今月の注目情報1:風しんの届出数の増加に伴う対策について

昨年夏から、首都圏を中心に風しん患者の報告数が増加し、平成30年は、全国では2,917件、本県においても383件報告されました。また、本年においても第20週までに全国では1,565件、本県では144件が報告され、徐々に減少傾向にはありますが、まだなお、全国的には週当たり50件を超える流行が続いています。

先天性風しん症候群の発生を防ぐ観点から、これまで風しんワクチン接種の機会がなく、風しん抗体保有率が他の世代に比べて低い世代の男性に対し、本年4月より抗体検査と定期接種が開始されていますので御活用ください。

また、妊娠を希望される女性など、千葉県風しん抗体検査事業の対象となる方においても、この検査を受けることについて御検討ください。。

市町村による風しん第5期定期予防接種が始まりました

  • 2019年度から2021年度の3年間限定の制度です。
  • 今年度の対象者は、昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性です。
  • お住いの市町村から、無料で抗体検査と予防接種が受けられるクーポン券が届きます※。
    ※市町村によって、クーポン券の発送時期が異なります。
  • 厚生労働省のホームページ外部サイトへのリンクから検査と予防接種が受けられる医療機関等が検索できます。

千葉県による風しん抗体検査事業(無料)について(上記(市町村による事業)とは別に、本県においても検査事業を実施しています。)

対象者について

次の1~5を全て満たす方。

  1. 千葉県内市町村に居住地を有している(千葉市・船橋市・柏市を除く*)
    *千葉市、船橋市、柏市でも抗体検査事業を実施していますので、各市にお問合せください。
  2. 次の(1)、(2)いずれかを満たしている
    (1)妊娠を希望する女性
    (2)妊婦(妊婦健診等で風しん抗体価が低いと確認された者(HI法で32倍未満、EIA
    (IgG)法で8.0未満))の配偶者*または(1)の配偶者*
    *配偶者:婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含む
  3. 過去に風しん抗体検査を受けたことがない
  4. 過去に風しんの予防接種を受けたことがない
  5. 過去に風しんにかかったことがない

※下線部は平成30年9月20日に追加しました。

千葉県風しん抗体検査事業の委託医療機関について

今月の注目情報2:蚊媒介感染症~蚊による感染症に注意しましょう~

蚊が発生する時期となりました。

デング熱、ジカウイルス感染症、チクングニア熱などの感染症は、感染した人の血を吸った蚊に刺されることで主に感染します。

本県では、2018年にデング熱患者が8名、チクングニア熱患者が1名発生し、いずれも国外で感染した事例でしたが、過去には国内での感染事例も発生しているので、日頃からの予防対策として、水たまりなど蚊が発生しやすい環境を作らないよう注意しましょう。

また、蚊に刺されてから発熱、発疹、頭痛などが見られた場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

代表的な蚊媒介感染症とその症状は?

区分 デング熱 ジカウイルス感染症 チクングニア熱
潜伏期間 2~14日(通常3~7日) 2~12日(通常2~7日) 3~12日(通常3~7日)
主な症状等

急な発熱、発疹、頭痛、関節痛など。

稀に重症化し、デング出血熱やデングショック症候群を発症し、死に至ることがある。

軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、頭痛など。

症状がないか軽いこともある。

妊娠中に感染すると胎児に小頭症等の先天性障害を来すことがある。

急な発熱、関節痛、発疹、頭痛、筋肉痛など。

関節痛は急性症状が軽快した後も、数週間から数カ月にわたって続く場合がある。

流行地域

熱帯や亜熱帯の全域で流行。

東南アジア、南アジア、中南米で患者の報告が多く、アフリカ、オーストラリア、南太平洋の島でも発生している。

中南米で特に流行。

アフリカ、アジア太平洋地域でも発生している。

アジア、アフリカの熱帯や亜熱帯、中南米で流行。
治療方法 有効な抗ウイルス薬はないため、対症療法を行います。

感染予防のポイントは?

  • 植木鉢やプランターの受け皿、捨てられた空き缶、ペットボトルなど、水がたまり蚊の幼虫(ボウフラ)の発生源となりやすいものを片づけ、蚊の発生を防ぎましょう。
  • 野外活動の際には、長袖・長ズボンを着用する、素足でサンダルを履かないなど、肌の露出を避け、必要に応じて虫さされ防止剤を使用し、蚊に刺されないようにしましょう
  • ジカウイルス感染症については、妊娠中に感染すると胎児に小頭症等の先天性障害を来すことがあることから、妊婦及び妊娠の可能性がある方は、可能な限り流行地域への渡航を控えましょう
  • また、性行為による感染が報告されているため、流行地域から帰国した方は、症状の有無にかかわらず、少なくとも6か月、パートナーが妊婦の場合は妊娠期間中、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることを推奨します。

【参考】デング熱・ジカウイルス感染症・チクングニア熱の詳しい情報について

千葉県における感染症発生概要:2019年5月分

(累計は2019年1月1日~5月31日)

※発生概要は千葉市・船橋市・柏市の保健所設置市の発生数も含みます。

※令和元年6月3日現在、診断日で集計

一類感染症

0人(累計:0人)

二類感染症

(1)急性灰白髄炎:0人(累計:0人)

(2)結核:77人(累計:418人)

類型 患者(確定例) 無症状病原体保有者 疑似症患者 その他

当月届出数

52

25

0

0

累計

279

136

2

1

(3)ジフテリア:0人(累計:0人)

(4)重症急性呼吸器症候群:0人(累計:0人)

(5)中東呼吸器症候群:0人(累計:0人)

(6)鳥インフルエンザ(H5N1):0人(累計:0人)

(7)鳥インフルエンザ(H7N9):0人(累計:0人)

三類感染症

(1)コレラ:0人(累計:0人)

(2)細菌性赤痢:0人(累計:1人) 

性別

年齢

市郡等 渡航歴 備考

なし

 

 

 

 

 

当月計

患者0【0】人

無症状病原体保有者0【0】人

【】内渡航者

累計数

患者1【0】人

無症状病原体保有者0【0】人

【】内渡航者

(3)腸管出血性大腸菌感染症:4人(累計:19人)

性別

年齢

市郡等 渡航歴 血清群等

7

30

松戸市

なし

O不明VT1,無症状

23

68

野田市

なし

O157VT2,無症状

23

78

白井市

なし

O25VT1VT2,無症状

27

7 袖ケ浦市 なし

O157VT2

当月計

患者1【0】人

無症状病原体保有者3【0】人

【】内渡航者

累計数

患者10【0】人

無症状病原体保有者9【0】人

【】内渡航者

(4)腸チフス:0人(累計:2人)

性別

年齢

市郡等 渡航歴 備考

なし

 

 

 

 

 

当月計

患者0【0】人

無症状病原体保有者0【0】人

【】内渡航者

累計数

患者2【2】人

無症状病原体保有者0【0】人

【】内渡航者

(5)パラチフス:0人(累計:0人)

四類感染症

  • (1)A型肝炎:5人
  • (2)E型肝炎:2人
  • (3)デング熱:3人
  • (4)レジオネラ症:6人

五類感染症

  • (1)アメーバ赤痢:3人
  • (2)ウイルス性肝炎:2人
  • (3)カルバペネム耐性腸内細菌感染症:2人
  • (4)クロイツフェルト・ヤコブ病:1人
  • (5)急性脳炎:8人
  • (6)劇症型溶血性レンサ球菌感染症:4人
  • (7)後天性免疫不全症候群:2人
  • (8)侵襲性インフルエンザ菌感染症:2人
  • (9)侵襲性肺炎球菌感染症:26人
  • (10)水痘(入院例):2人
  • (11)破傷風:2人
  • (12)梅毒:10人
  • (13)百日咳:87人
  • (14)風しん:11人
  • (15)麻しん:6人

インフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の発生状況(千葉市、船橋市、柏市含む)

期間

休校数 学年閉鎖校数 学級閉鎖校数

9月3日~5月5日

18

333

1,596

1,947

5月6日~5月12日

0

0

0

0

5月13日~5月19日

0

0

0

0

18

333

1,596

1,947

※2018/2019シーズンのインフルエンザ施設別発生状況調査は5月13日~19日分をもって終了となりました。

年度別感染性胃腸炎集団発生件数(千葉市・船橋市・柏市含む)

年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計

2019

18

17

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

35

2018

11

16

7

0

1

0

8

14

30

19

17

12

135(27)

2017

24

20

14

7

2

1

10

14

35

18

12

15

172(44)

2016

14

8

19

4

0

3

18

100

115

7

13

10

311(22)

2015

26

7

13

5

1

1

6

19

22

25

20

12

157(33)

※括弧内は、各年4月から5月までの累計

2019年5月の感染性胃腸炎集団発生状況(千葉市・船橋市・柏市除く):8件

施設種別

件数(件) 患者数(人) 原因物質

保育園

2

34

ノロウイルス、ロタウイルス

小学校

5

222

ノロウイルス、ロタウイルス

その他

1

16

ノロウイルス

合計

8

272

 

感染性胃腸炎の予防について

  • 児童、生徒、職員等の健康管理に努めてください。
  • 施設内で、嘔吐物やふん便を処理するときには、使い捨てのビニール手袋・マスクを用い、汚れた床・用具などは適正な濃度の塩素系消毒薬で消毒してください。また、片付けが終わったらよく手を洗い、うがいをしてください。
  • 複数の患者発生時等には、速やかに管轄健康福祉センター(保健所)へ連絡し、詳しい消毒方法等の指導を受けてください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?