サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 感染症発生情報 > 風しんの追加的対策における取組みについて(令和元年11月14日)

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年11月15日

風しんの追加的対策における取組みについて(令和元年11月14日)

発表日:令和元年11月14日
千葉県健康福祉部疾病対策課

昨年夏から、首都圏を中心に風しん患者の報告数が増加し、これまでに、全国では5,186件、本県では578件となっています。最近では、全国で1週あたり10件未満となるなど、ようやく流行終息の兆しが見え始めていますが、海外からの持ち込み例などによる流行の再燃も危惧されるところです。

本年4月からは、集団免疫を高めることにより、風しんの発生及びまん延予防をはかるため、これまで風しんワクチン接種の機会がなく、風しん抗体保有率が他の世代に比べて低い世代の男性に対し、抗体検査と定期接種が全国的に開始されました。

しかしながら、本県の8月末までの抗体検査の受検状況は、本年度の対象とされている者の約10%に留まっています。

県では、対象者への周知・啓発を繰り返し行うほか、市町村や県医師会などの関係機関と連携を図り、受検率の向上に努めてまいります。

報道発表資料

※詳細については、リンク先の資料をご参照ください。(PDF:296KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?