ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年10月6日

ページ番号:462825

アストラゼネカ社ワクチンの接種について

本県のワクチン接種予約サイトにおいて、アストラゼネカ社ワクチンの接種を実施する医療機関の予約が可能となりました。
下記の「予約対象者」や「接種に関する注意事項」をよくお読みいただき、ご予約ください。

※各医療機関に電話をしても予約は取れません。直接のお問い合わせはお控えください。

対象者

  • アストラゼネカ社ワクチン(AZワクチン)の接種対象は、次の方です。
  1. 18歳以上で、ポリエチレングリコール(PEG)に対するアレルギー等でmRNAワクチン(ファイザー社ワクチン、モデルナ社ワクチン)を接種できない方
  2. 18歳以上で、海外でAZワクチンを1回接種済みの日本在住の方
  3. 40歳以上で、AZワクチンの接種を特に希望する方
  • そのうち、本サイトで予約可能なのは、千葉県内の市町村から発行された接種券をお持ちの40歳以上(令和3年10月1日時点)の方であって、1回目の接種を終えていない方となります

 ※上記2.に該当する方には、別個に「接種希望者受付フォーム」が設けられておりますので、こちらのページ「海外でアストラゼネカ社ワクチンを1回接種された方へ」をご確認ください。
 ※40歳未満で上記1.に該当する方は、本サイトでの予約が取れませんので、県疾病対策課まで御相談ください。

接種に関する注意事項

  • 海外で、ごくまれに、血小板減少症を伴う血栓症、毛細血管漏出症候群、ギラン・バレー症候群などの脱髄疾患が起きることが報告されています。接種に当たっては「ワクチン説明書」を読んだ上で、リスクとベネフィットを御理解いただき、納得した上で接種してください。

 アストラゼネカ社製ワクチン説明書(PDF:937.4KB)

予約方法

  • 上記の注意事項をお読みの上、接種を希望される方は、次のリンク先から接種予約を行ってください。
  • 2回目の接種日は、各医療機関の指定する日(原則として8週間後)となります。
    接種日の変更はできませんので、必ず2回とも接種が可能な日を予約してください。
     
    ※詳しくは、下記の医療機関ごとの「スケジュール表」を参照してください。

 千葉県ワクチン接種予約サイト外部サイトへのリンク

協力医療機関

現時点で予約可能なのは以下の医療機関です。上記「予約対象者」であれば、所在市町村に関わらず予約可能です。

協力医療機関名

所在地 2回目の接種日
医療法人それいゆ会  四街道さくら病院 四街道市大日526-1

(1回目接種日)→(2回目接種日)

  • 10月8日金曜日 →12月2日木曜日
  • 10月15日金曜日→12月9日木曜日
  • 10月22日金曜日→12月16日木曜日
  • 10月28日木曜日→12月23日木曜日
    ※時刻はいずれも同時刻
タカハシクリニック 松戸市幸田2-72  1回目接種日の8週間後(同曜日・同時刻)
加賀谷正クリニック 松戸市東松戸3-7-19  1回目接種日の8週間後(同曜日・同時刻)

※各医療機関に電話をしても予約は取れません。直接のお問い合わせはお控えください。
※当日のキャンセル待ちは受け付けておりません。
※予約が取れた場合、よく場所等を確認し、なるべく公共交通機関で来院してください。特に駐車場などの用意はありません。

予約をされた方へ(持ち物・キャンセルなど)

「当日の持ち物」や「キャンセル方法」は下記のPDFファイルを参照してください。

予診票は事前に記入してお持ちください

  • 事前に住所・氏名・電話番号・生年月日・質問事項・その他をご記入の上、来院してください。
  • アストラゼネカワクチンの予診票は他のワクチン(ファイザーやモデルナ)と異なります。
    予診票(アストラゼネカ用)(PDF:367.1KB)をダウンロードしてご使用ください。

アストラゼネカ社ワクチンについて

接種費用

無料(全額公費)※ただし、会場までの交通費は自己負担です。

接種間隔など

  • 2回目接種までの間隔は4~12週間が標準です。最大の効果を得るためには8週以上の間隔をおいて接種することが望ましいとされています。

ワクチンの有効性

  • 本ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから15日程度経って以降とされています。現時点では感染予防効果は明らかになっていません。
  • ワクチンを受けた人のほうが受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないということがわかっています。(発症予防効果は約70%と報告されています)

ワクチン接種後の副反応

  • 接種後、数日以内に接種部位の痛み、発熱、頭痛などの症状が生じる可能性があります。これらの症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。
  • まれに接種後すぐにアナフィラキシー(急性アレルギー)や血管迷走神経反射(立ちくらみなど)が起こる可能性があります。
  • ごくまれではあるものの 、ワクチン接種後に血小板減少症を伴う血栓症(※1)、毛細血管漏出症候群(※2)、ギラン・バレー症候群などの脱髄疾患(※3)を発症した例が、海外で報告されています。接種後に次のような症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。
  1. (※1)持続する激しい頭痛、目のかすみ、息切れ、錯乱、けいれん、胸の痛み、足のやむくみや痛み、持続する腹痛、接種部位以外の内出血(あざ)などの症状。なお、これらの症状の殆どは接種後28日以内に起きることが多く、また、2回目の接種後よりも1回目の接種後に起きることが多いです。
  2. (※2)手足のむくみ、低血圧などの症状。
  3. (※3)手足の力が入りにくいなどの運動障害、しびれなどの感覚障害、排尿・排便障害、目のかすみなどの視力障害。

関連ページ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?