ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年3月8日

平成30年度バイオマス利活用研修会の開催について

千葉県では、循環型社会の形成や地球温暖化の防止において重要な役割を担うバイオマスの利活用について、県民の皆様の理解を深めていただくため、「バイオマス利活用研修会」を開催します。

今回は、バイオマスに関する基礎的な講義を行うとともに、「森林の未利用木質を低コストで簡易に搬出する方法」、「食品製造に伴い発生したものなどを豚のエサに活用するリキッドフィーディング(液状飼料の製造・給餌システム)」について、企業や行政の取組を紹介します。

開催日時

平成31年3月14日(木曜日)午後2時から午後4時まで

バイオマス利活用研修会チラシ(裏面の申込用紙を御利用ください)(PDF:1,040KB)

開催場所

千葉県教育会館(本館)203会議室(千葉市中央区中央4-13-10)外部サイトへのリンク

環境に配慮し、できるだけ公共交通機関を御利用ください。なお、千葉県教育会館の駐車場は有料です。

募集人員

  • 定員100名(要事前申込み、平成31年3月12日(火曜日)まで受付を延長しました。(当初、平成31年3月8日(金曜日)必着))
  • 対象:一般県民、事業者、県内の行政職員

内容

(1)バイオマスとは?

講師:千葉県環境生活部循環型社会推進課 資源循環企画室 副主幹 三ヶ島治子

  • バイオマスの基礎的事項について説明します。

(2)未利用木質バイオマスを有効活用するための簡易な搬出方法の比較

講師:千葉県農林水産部農林総合研究センター森林研究所 研究員 黒田 学 氏

  • 千葉県農林水産部農林総合研究センター森林研究所の取組を紹介します。森林研究所では、未利用木質バイオマスの有効活用を目的として、簡易な搬出方法を用いた搬出試験を行いました。

(3)リキッドフィーディングによる循環型養豚について

講師:有限会社ブライトピック千葉 取締役常務 石井 裕 

  • 有限会社ブライトピック千葉の取り組みを紹介します。ブライトピックグループでは、飼料自給率の向上を目指して、リキッドフィーディングによる再生利用を進めています。

費用

無料

申込

申込期限

平成31年3月12日(火曜日)まで受付を延長しました。(当初、平成31年3月8日(金曜日)必着))

記載事項

タイトルに「バイオマス利活用研修会申込」とお書きください。

  • 申込者全員の氏名(ふりがな)
  • 企業名・団体名(企業・団体で申し込む場合のみ)
  • 住所(郵便番号)
  • 電話番号(携帯可)
  • Eメール

本申込みにおいて得た個人情報は、千葉県公人情報保護条例に基づき、適切に管理します。連絡先(住所、電話番号、Eメール)は、定員を超え、抽選の結果参加いただけない場合のお知らせに使用します。

申込方法

のいずれかで受け付けます。申込多数の場合は抽選とし、参加いただけない方のみ、3月12日(火曜日)までにご連絡します。なお、締切日に定員を下回った場合は、定員まで先着順で受け付けます。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部循環型社会推進課資源循環企画室

電話番号:043-223-2645

ファックス番号:043-221-3970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?