ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月22日

エコスタイルクッキング

エコスタイルクッキングとは、環境のことを考えて、「買い物」「料理」「保存」「片づけ」をすること。

食べ物を無駄なく使う、エネルギーや水を大切にする等によりゴミを減らすことを基本に暮らし方を見直してみましょう。

1買い物~必要な分だけ買う

(例)

  • 買い物に行く前に冷蔵庫の食材を確認し、余分なものは買わないようにしましょう。二分の一カットの野菜を利用するのも有効です。
  • すぐに消費する予定であれば、賞味期限の近づいた食品を買うことで、期限切れで廃棄されてしまう食品を減らすことができます。本当に長い期限が必要か、消費ペースを考えてみましょう。
  • 買い物の際、マイバッグを持参しましょう。

2料理方法~食材とエネルギーの無駄をなくす

(例)

  • 野菜は桶洗いをし、切り方等を工夫することで食材は丸ごと使い切りましょう。大根の葉やニンジンの皮も使ったレシピを活用しましょう、食べられない芯や外葉はたい肥に有効利用しましょう。
  • 食べられる量だけ盛り付けましょう。
  • 正しい火加減や同時調理で省エネ・時間短縮を心がけましょう。食材を茹でたりお湯を沸かす時、鍋に蓋をすればエネルギーも節約できます。
  • 料理が残ったら、別の料理にアレンジしましょう。

3保存方法~まとめ作りや保存方法の工夫をする

(例)

  • たくさん作った方がおいしいカレーや煮物は、余裕のあるときにまとめ作りを取り入れましょう。多めに作ったら「フリーザーバッグ」などに小分けし、すぐ食べる分は冷蔵室へ、残りは冷凍室で保存します。まとめ作りは光熱費も節約できて経済的です。
  • 食材保存は回転率を上げて、鮮度や栄養価、風味が損なわれないようにしましょう。

4片づけ~水を大切に使う、生ゴミを上手に捨てる

  • 鍋や皿の汚れを新聞紙や古い布等でふき取ってから洗いましょう。
  • 米のとぎ汁や茹で汁を洗いものに使いましょう。
  • 洗い桶を上手に活用しましょう。汚れの少ないものから多いものの順で洗うと水を有効に使えます。
  • 生ゴミは水気を切ってから捨てましょう。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部循環型社会推進課環境保全活動推進班

電話番号:043-223-2760

ファックス番号:043-221-3970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?