ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > 3R(スリーアール) > 千葉県3R推進イベント > 平成25年度千葉県3R推進シンポジウムの開催結果

更新日:令和2(2020)年2月12日

ページ番号:353972

平成25年度千葉県3R推進シンポジウムの開催結果

「循環型社会に向けて」をテーマに、「循環型社会がなぜ必要なのか?」、「循環型社会を構築しないとどうなってしまうのか?」などの面から解説し、循環型社会について理解を深め、ライフスタイルを見直すきっかけとなるよう、講義形式のシンポジウムを開催しました。

また、併せて、「千葉県3Rアイデア」の表彰式と入賞作の紹介を実施しました。

開催結果の概要

開催日時

平成25年10月29日(火曜日)14時から16時30分

開催場所

千葉県文化会館小ホールシンポジウム会場全景

(千葉市中央区市場町11-2)

来場者数

50名

開催内容

3Rアイデア表彰式(14時~14時10分)

3R行動を広めるため、誰でも、すぐに、簡単に実践できる、他の人にも勧めたい私の3R行動のアイデアを今回初めて募集(期間:平成25年7月1日から平成25年9月10日まで)し、特に優秀な作品に対する表彰(知事表彰)を行いました。
表彰式には、受賞者2名の出席をいただき、諸橋副知事から賞状を授与いたしました。 

入賞者

部門

氏名(敬称略)

リデュースの部

優秀賞

小倉 孝子

佳作

片岡 美智代

佳作

高橋 博

リユースの部

優秀賞

(該当なし)

佳作

赤松 沙織

リサイクルの部

優秀賞

上泉 龍一

佳作

天尾 彰子

佳作

石川 瑞姫

優秀賞受賞者

 

佳作受賞者

 

3Rアイデア入賞作紹介(14時20分~14時45分)

入賞した7作品を写真等を用いて紹介及び詳細を説明しました。なお、入賞作品は以下のとおりです。

リデュースの部

氏名(敬称略) 内容
優秀賞 小倉 孝子

ごみ10か条

ごみを減らす10か条を記載した紙を台所等に貼り、毎日10か条を見ることによりごみ減量を常に意識し、実行する。
佳作 片岡 美智代

開封日シール

購入した商品に開封日等を記載したシールを貼り、食品等を無駄なく安心して使用するための保存期間の目安にする。
佳作 高橋 博

空き缶つぶし

空きアルミ缶のリサイクルと収集運搬コスト削減のため、空き缶をつぶし減容し排出する。

 

リユースの部
氏名(敬称略) 内容
優秀賞 (該当なし)  
佳作 赤松 沙織

ひっくり返し封筒

使用済の封筒を爪楊枝を用い、裏返して封筒にし、再利用する。

 

リサイクルの部
氏名(敬称略) 内容
優秀賞 上泉 龍一

段クリ

段ボール箱とダブルクリップ(バインダークリップ)を用いて、棚を作製し、段ボールを再生利用する。
佳作 天尾 彰子

パラソルピンチハンガー

使用済の折りたたみ傘と洗濯バサミを用いて、パラソルピンチハンガーを作製し、折りたたみ傘を再生利用する。
佳作 石川 瑞姫

牛乳パックまな板

洗って乾燥させた使用済の牛乳パックをまな板(食材置き)として再生利用する。

入賞作品等の詳細は、私の3Rアイデア大募集実施結果をご覧ください。

講演「とにかく何か地球のためにしたい人へ」(15時~16時30分)

講師:明石純子氏(環境ジャーナリスト)講演者

 

循環型社会の重要性について、日本の現状と他国(デンマーク)の現状の比較など、多くのわかりやすい事例を挙げ、解説していただきました。
また、地球温暖化等将来の環境問題を変えられるのは、今の私たちの日々の生活の選択にあるとして、3R行動の実践などの解決策を提案いただきました。

 

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部循環型社会推進課環境保全活動推進班

電話番号:043-223-2760

ファックス番号:043-221-3970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?